暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 文書力で稼ぐ » 副業・起業、おもしろいから続けたい、そのために何をするの?

副業・起業、おもしろいから続けたい、そのために何をするの?

副業・起業といいますといくつか選択肢があると思いますが、
その中でも現実性の高い方法論(考え方)をシェアしたいと思います!

 

まず最初にお話したいのが、生活費どうするの?

というところなんですが、

 

詳しくお話するにはファイナンシャルリテラシーの話になってしまいますので、

ざっくりとお話すると、ご自身のお金の使い方を考えることがとても重要です!

 

細かいことを言いますと、生活費にいくら使っていますか?

というところなんですが、

 

家賃5万円+食費3万円+光熱費2万円+お小遣い3万円=合計13万円位が、

良いのではないか?と考えています。

 

と言いますのは、それ以上生活費を使っている人は

支払いをするために仕事を人より多くしないといけませんので

 

結局のところ時間が無くなり、その繰り返しが多くの可能性を

閉ざしてしまう事になりかねません!

 

少しだけ質素かもしれませんが、傾奇者(前田慶次)に必要な糧は

畳一畳に米3合なんて歌もあるくらいですし、実際多くのメリットもあります。

 

料理を覚えて自炊することで、脳の並列処理能力がアップして

脳がとても活性化されるのをご存知でしょうか?

 

実際に料理は、あなたの健康の基礎部分ですし

料理に必要な脳のハンドアイコーディネーションやスキルなど

生きていく上で有利になる多くの能力を得る事に繋がります。

 

そして飲み歩いて脳に不必要なダメージを受け続けるのも

最低限に抑えられますし、自分と向き合う時間が増えることは

 

新たなステージに進む前の序章と考えると、最初は退屈かもしれませんが

文章を書くことや原理原則を学ぶ事は、かけがえの無い一生の財産になります。

 

一生涯で数年は体験されることをオススメします!

 

このように、もし現在うまくいかないと言うのであれば、

見落としがちでつまらないことかもしれませんが、

上記が最大の原因ではないでしょうか?

 

出来る事であれば実家に住むなどの工夫をして、

月8万円程度で生活できるのであれば
自由と呼べるような生活はすぐに手に入ると言えるでしょう!

 

その方法ですが、オススメなのが週末(土・日)だけのバイトをすることです!

又は、週数日だけ働きながら準備を効率的に行うことです。
バイトによりますが、1500円/時給程度の

仕事は比較的見つけやすいと思います!

 

この場合、稼働8日/月で約10万円弱位の収入が確保出来ますので、

実家に住んでいる人はビジネス資金が毎月貯まる状態になり、

ほぼ数ヶ月で何の心配もなくビジネスをやり続けられるようになります!

 

実際にはバイトの収入で生活をすることになりますが

目的のためにライスワークを週2日程度行うのは

ビジネスを志す人にとってはとても良いことで

 

大変多くのことも学べますし、完全に社会から離れるよりも

付かず離れずの状態を維持した方が、精神衛生上も良いと言えるでしょう!

 

ある程度のビジネス資金をお持ちの方であれば、

家賃が安いところに住めば月10万円程度でも1年~2年と継続可能な状態を作れますので、

まずはセルフマネージメントの金銭部分が出来るようになることが最重要課題です!

 

ほとんどトントンの状態かも知れませんが、

この状態が金銭面だけにフォーカスすると、
ビジネスで言う軌道に乗った状態です!

 

この状態が続けられれば、いずれ収入が増えることが予想されますので、

焦らずにじっくりと実力アップや商品やサービスの質の向上だけに専念することができ、

半分はうまくいっている状態と言えるのではないでしょうか?

 

これが僕の考えるビジネスの秘訣

(時間の確保、毎月1万円でも良いのでビジネス資金が増えている状態)なんですが、

このように考えられる人が少いのも現実かもしれませんネ?

 

一攫千金を目指して、沈んでいく人を見るのは辛いのですが

当然そうなる確立が圧倒的に高いのが現実です。

 

この辺をまずは理解できるようになることが

何を始めるにも一番効率が良いと思います。

 

やはり、考え方の根底におもしろいから続けたい

 

そのために何をするの?
と言ったスティーブ・ジョブズ的な思考を身につけることが

 

現代のビジネス実践者としての基礎になりますし

ブレークスルーはここにあることは明らかだと

 

と考えています。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト