暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 文書力で稼ぐ » 自然界におけるブランド性の追求に見られる数学的な黄金比

自然界におけるブランド性の追求に見られる数学的な黄金比

薔薇のデザインを見ると、螺旋状の広がりに詳細なディテール、香りや色合い等の究極のブランド性を見ることができます!

 

その姿は、正に弁証法から導き出される止揚されたデザインと呼べるもので、

螺旋状の広がりは、茎の根元の花びらが成長とともに広がり、

その内側のディテールが詳細さを増し、美しい複雑なデザイン

 

品格や香り、甘い蜜など、人を引き付けてやまない

魅力を有しながら魅了していくという過程そのものがデザインと成り

ブランド性(形状化された思想)という意味では理想的なように感じています。

 

その存在を示すテーゼ(美しい・魅力的)に対する
アンチテーゼ(脆い・儚い等)をより高次元で統合し

ジンテーゼ(結実点)を導き出していることで、

種が絶えることなく、世界中で愛されているというような
広範囲での分布を可能としている所が、

不滅のブランド(Chanel等)との共通点を感じるところです。

 

これは理想的なビジネス(生態)に見られる一連の流れであり

成功した進化(環境=求める=適正・適応)の

過程であると考えています!

 

何故?薔薇はこのようなデザインなのか?

 

デザインに付いての考え方は様々ですが
デザイン(設計)に関しての基本事項は

必要に応じて変化しながら、最も優れた(多くの要素を満たした)ものが

繁栄すると言った、自然界の摂理に準じた普遍性を伴うものです!

 

自然界に見られる多くのデザインは、
当たり前のように複雑なメカニズムを持っていたり
目から鱗が落ちるようなとても優れた機能を有していて、
特出すべきは相互連携のような、補完システムや相乗効果を
生み出す連帯性メカニズム等が効率よく機能していることです!

 

そのデザインは優雅で上端に向かって小さくなっているために

茎との密着部分の土台がしっかりしており
暴風雨や温度変化などにも相当な耐性を持ちながら、

尚且つ光合成や交配には不可欠な虫達へのプレゼンテーションにも
絶大な効果を発揮すると言った所です!

 

更に言うならば、数学的な黄金比に基づいた均等な花びらや
花弁などの配置は、美しさと機能性を満遍なく象徴していて、

こういった進化に基づく配慮を感じさせるデザインが、

種を存続させる原動力になっているのは疑いのないところです!

 

意外にもこのような百戦錬磨のビジネスマンが行うような

戦略的なアプローチが自然の叡智であり、

進化の過程であると定義すると、その美しさや香り、

触感、味覚、各種効能にも優れた連帯性等も

 

意識的で目的を持った行動(変容・変体)であると
感じられるのではないでしょうか?

 

薔薇を一つのビジネスモデル(ブランド)と定義すると

歴史とともに世代を重ね、その都度止揚を繰り返し、

人間の手による改良も重ねながら、人や虫達を引き付ける

コンテンツとしての多くの特徴を兼ね備え続けている事に驚きを隠せません!

 

薔薇は、現在でもその美しさ、香り、効能、耐性により、

多くの地域に分布できる生命力などを兼ね備え、

すでに多くの要素が結実し、論理性においても創造性においても

 

他の花の追従を許さないほど人々の心に浸透し、

唯一無二の価値を生み出している完成体のように思われますが、

未だ人の手による変化や種としての進化を模索しているであろう姿には、

人と自然(生命)との壮大な営みを感じざるを得ませんね。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト