暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » アーカイブ

iqが10ポイントいきなり上がる朝食、栄養価が高いと太らないホットケーキの作り方

iqが10ポイントいきなり上がる朝食

栄養価が高いと太らないホットケーキの作り方と題してありますが

実はこれらの事柄には大きな関連性があるんです!

 

何故そんなことを知っているかというと

自分の健康にもろに関係する事柄なので…

 

正直言って人任せにする気はまるっきりなくて、

メディアの宣伝文句にも聞く耳は持たないというのが本音です。

 

栄養価とカロリーの関連性は長年の疑問点でしたが

X-Powerや東洋医学、独自の実験や検証から

多くの事が分かってきています。

 

大きなポイントとしては、

◎栄養価の低いものを食べれば食べるほど満腹中枢が満たされなくて、大食いに走り、妙な脂肪がいっぱい付くということが一つあります。気をつけるポイントとしては、栄養価が低いものほどカロリーが高い傾向があり、いっぱい食べて変な太り方をするという、負の連鎖が身に降りかかってきます。

 

◎次にダイエットの意味がわかっていないということが、逆に変な食べ方や、妙な習慣を作ってしまうということがもう一つあります。やはり痩せるということよりも健康になるということが先決で、本来のダイエットの意味付けとしての、健康的な食習慣を持つことが、順番としては重要です。

 

その結果、不必要な脂肪が自然と落ちてきますので

結果的にイキイキとした健康的な肉体と精神が宿るという順番になります。

 

◎更には、重要な栄養価を十分取る習慣がないことで、栄養が足りなくて老けてしまったり、新陳代謝自体が悪くなって、頭が悪くなる(知能が下がる)>仕事ができなくなる>モテなくなる>お金がなくなる等、酷いことが連鎖的に起こるようになります。

 

結局、知能が下がることをやること自体

知能が低いという事にもなりますし

 

良い習慣を身に付けて繰り返し行うことで

知能自体を上げないことには

望んでいない現実から脱出するのはほぼ無理だと思っています。

 

これらは、知らず知らずに行ってしまい

気がついた時にはぬけ出すのが容易ではありません。

 

簡単に言うと、幸不幸の違いは

この部分に最大の違いあると行っても過言でありません。

 

仕事の現場でも、仕事のできる人とできない人の違いは

 

・表面的な思考に基づく行動

・頭を目一杯使って行う行動

 

の違いなのはハッキリとしています。

 

基本的に安いものや身体に有害なものを

不用意に食べ続けていると

上記の状況は必ず起こります。

 

後で後悔してもなかなか抜け出せるものでありません。

 

何故抜け出せないか?

 

というと、知能が下がり始めるとまともに考えられなくなりますし

 

・判断自体が間違ってしまい

・間違った思考に従う事で

 

蟻地獄のような現実を実現し始めるからです。

 

それらの間違った思考、知能が下がった考えを

実践し始めたらどうなるでしょうか?

 

知らず知らずの間に坂道を転がり落ちるように

不幸な現実が次々と起こることが予想されます。

 

詳細はこちらを確認して下さい!

 

実際にこれらのことが僕自身には長期間にわたって起こり続け

人生が終了になると思ったことが何度かあります。

 

あの時は、猿に失礼な位、猿よりも知能が低かったから

そのような自体になったのだと、今では納得しています。

 

実際に体験してみてその恐ろしさに気付くのが普通だと思いますが

栄養価を十分に摂っていたなら、そのレベルには一生行かないとも言えます。

 

良い習慣があなたを望んでいる道に導いてくれる!

 

より良い習慣があなたをさらに高い望んでいる道へ導いてくれる!

 

それでは、上記を踏まえて

最高のホットケーキレシピを公開します。

 

僕も前はそうだったのですが、

ホットケーキというと、コンビニでホットケーキミックスを買ってきて

牛乳をグジュグジュ混ぜて、フライパンで焼き

シロップをかけて食べるおかし程度にしか認識していないと思いますが

それはハッキリ言ってホットケーキの偽物です!

 

似て非なるもの!

イチローのそっくりさんみたいなもんです。

 

実際にこの記事を読んで

本物のホットケーキを作って食べてみると

その認識は完全に覆るでしょう!

 

レシピ自体は、あの世界的に有名なホットケーキを基本としています。

 

手順:

1.大きめの器を2つ、新鮮な玉子2個を用意して、

※僕のお気に入りは九十九里浜の太陽をいっぱい浴びた、X-Power的に言うと、5つのエレメントが目一杯入った卵です。船橋でいつも買っています。

※フワフワに仕上げたい場合には、卵を3つ使い、卵白のホイップを念入りに行います。但し、焼いてもフワフワでひっくり返すのが難しいので、小さめのホットケーキを何枚か焼く方式になります。

 

  • 卵黄
  • 卵白

 

を分離します。

 

2.その後、卵黄を入れた器に

 

  • ベーキングソーダ(モンゴル産の天然モノがお気に入りです。)小さじ2杯
  • ヒマラヤ岩塩小さじ1杯(ピンク岩塩がとても好きです。)
  • 全粒粉の小麦粉80~100グラム(そば粉やコーン粉でもよい)
    ※コーン粉で作ると栄養満点のコーンブレッドになります。男の力がつきますよ!子供も大好きですね。
    ※全粒粉そば粉は、ちょっとお値段が高いですが、風味が良いのが大好きで、タンパク質、カリウムやリンなどが豊富なので、パワー食としてもそこそこ良いと思います。
  • 牛乳はなるべく新鮮なものを少しづつ加えながら混ぜあわせます。
    ※下の写真は、牛乳が少し多めです。もう少し粘りが合っても、卵白を混ぜると薄められますので、調度良くなります。

 

IMG_20160220_154147

 

3.卵白をハンドミキサーで1分ほどホイップします。

※機器はAmazonで千円程度で買えます。

 

IMG_20160220_154122

 

4.ホイップした卵白とホットケーキドウを混ぜあわせます。

 

IMG_20160220_154228

 

5.ここから焼きに入りますが

温めた高品質のフライパンに、ココナッツオイルを適量溶かします。

※僕の愛器は、ティファールのチタンコーティングフライパン26cmサイズです。三ツ星レストランに負けない仕上がりが期待できます。実際に自分が作っているホットケーキよりうまいパンケーキに出会ったことがないと思います。コンセプトが違うのもありますね!

※ココナッツオイルを使うと、ココナッツ風味と表面さくさく、中しっとりが実現できます。

 

IMG_20160220_154438

 

6.フライパンが十分に温まったら、火を中火又は弱火に落として、一気にホットケーキドウを流し込んで片面が焼けたらひっくり返します。

 

IMG_20160220_155056

 

ホットケーキが焼けた段階(薄っすらと煙が出ます。でもここが一番難しいので練習が必要です。)で、バターを塗るだけで焼きたてのホームメイド全粒粉無発酵パン(蒸しパンなどに近い)としてすごくおいしく、栄養価が圧倒的に高いので、トーストなんか食べるよりもオススメでき、1日の栄養摂取始めとして、お子さんにも家族の朝食としても十分以上です。

※栄養価の高さは、お米で言うと白米に対して玄米と言った感じです。宿便にもなりにくく、栄養吸収にも優れています。

 

しかし、さらに美味しさと栄養価を加えるという考え方で進めていきます。

 

7.両面きつね色に焼けたら、トッピングを行います。

 

基本として、色々なブランドを試して、

簡単に手に入り安価で美味しいものとして、以下がお勧めです。

 

  • バター(イタリア産バター、ニュージランド産も好きですが、無塩バターが一番良いです。)
  • ハニー(写真は、ホットケーキに合うハンガリー産アカシアのハチミツ、カナダ産の非加熱のものも、濃厚でとても高級な味わいです。ミュンマー産のゴマの花の蜂蜜は、ホットケーキによく合い濃厚なうまさなのでお薦めします。)
  • クリームチーズ(本家本元のアメリカ産クリームチーズが一番うまいですが、ニュージランド産やオーストラリア産も風味があってまあまあです。)
  • バナナ(輪切りにしますが、バナナは船橋で手に入るバナナが一番うまいです。)
  • シナモンパウダー(棒状のものを削ったらきっとうまいと思います。)
  • ココア(カカオマス)パウダー

 

IMG_20160220_154958_1CS

 

以下のようにトッピングします。

 

IMG_20160220_160100

 

断面図ですが、トッピングとのハーモニーが感じられます。

ここまで天然素材オンリーで、白砂糖は一切使っていませんので、人工的なイヤーな感じがする甘みはありません。むしろ極めて素朴で奥深い味わいに仕上がっています。大人のホットケーキですね(^^)

 

IMG_20160220_161001

 

断面図のクローズアップですが、卵白をホイップすると、荒目の全粒粉の小麦粉でもこれほど分厚く膨らみます。食感は正に粗めのケーキだけど、ヒマラヤ岩塩の甘くて重厚な塩分が、他のトッピングと調和して、食事としての満足感を高めてくれます。美味しくて、栄養価も満足度も高く、元気に動けるようになるので、結果痩せるというような魔法のレシピです。

※全粒粉の小麦粉ですが、パワー食としておすすめなのは、タンパク質の多い強力粉の方です。薄力粉は食感は柔らかく舌触りのなめらかなデザート向けですが、その分タンパク質が少ないので、筋力増強には向きませんし、お腹いっぱい感も少なめな感じがします。

 

IMG_20160220_161042

 

上記は、慣れると15分程度でできますので、味噌汁のだしを取るより早くできます。たまには子供の喜ぶ簡単な朝食として、野菜サラダや野菜ジュースと一緒に、元気モリモリ、知能高めでスタイル良しの健康生活を満喫して下さい!

 

詳細はこちらを確認して下さい!

 

IMG_20160119_191349

写真は仕掛けがたっぷり仕込んであるサラダです。

 

生酵素たっぷりのリーフレタス、きゅうり、トマト、長ネギに塩漬け黒オリーブのサラダです。

ドレッシングは、味噌、中国黒酢(重厚なバルサミコ酢のような味で栄養価が半端ないのでおすすめ)、ごま油とマヨネーズの簡単仕様!

 

味噌のしょっぱさを逆手にとってドレッシングとして使うことで、麹由来の酵素が生のままいっぱい取れる仕掛けです。これらに生姜やにんにくのすりおろしを加えるだけで、デトックスも担ってくれるスーパーサラダに変身します。

 

ちなみに、僕はX-Power実践者でもあるので、モデル体型になってきています。

 

最後に身体のマインドセットです!

 

「脳を働かせるには、高品質の栄養が必要!」

 

それでは、また(^^)

 

野菜ジュースの基礎、酵素たっぷり、長寿、真のリターン

こんにちは!

本日は野菜ジュースの基本編を実況中継していきたいと思います(^^)

 

X-Powerで教えている基礎の野菜ジュースの作り方を

ステップバイステップのインストラクション形式で記述していきます。

 

詳細はこちらを確認して下さい!

 

まず最初に野菜ジュースとはなんなの?

 

という疑問があると思いますが、健康生活を送ることが幸せであるという前提に立って話を進めますと、欠かすことができない習慣になっており、投資金額に対してのリターンはあり得ないぐらい高いと感じています。

 

そのため、多分2番めに大事な習慣という風になると思います。

じゃ1番大事な習慣はと言いますと、デトックスになります。

 

そもそも人間の基本的な仕組みは

 

・入れて

・循環して

・出す

 

ですので

 

これを極限まで効率良く、ハイクオリティに効果的にしていくことで、

極限まで健康になるという方程式が生まれます。

 

高品質入れる→高品質循環→高品質出す=超健康

 

X-Powerで学んでいる基本理念ですが

入れて、循環して、出すの

入れる部分にフォーカスして野菜ジュースの話を進めていきます。

 

基礎ジュースということで

人参にリンゴを合わせたものです。

 

リンゴは果物じゃん!という人もいるでしょうけど

リンゴは不思議な果物で、野菜に混ぜても食べ合わせ大丈夫だし

ビタミンミネラルが豊富で、安価で、どこでも手に入りやすいので

使わない手はないと思っています。

 

そもそも美味しいので、

習慣として続けることがとても簡単です。

 

これ重要!

 

それでは手順を始めます。

 

大ぶりのリンゴと大ぶりの人参を1個ずつ用意します。

※素材選びは、ジョース用ということで、身が思いっきり詰まっている、重いものを選びます。

これで、400~500ミリリットル位の量です。

 

IMG_20160211_162357

 

ジュース作りでいちばん需要なのが切り方だと思いますので

素材の切り方を中心に説明していきます。

 

まず、人参はヘタを落とします。

 

IMG_20160211_162419

 

次にフルーツ包丁で縦に切れ目を入れて、半分ほど切れた状態にします。

 

IMG_20160211_162436

 

人参を立てて、包丁を入れて、そのまま切り落とします。

 

IMG_20160211_162517

 

人参が半分に切れた状態が以下です。

 

IMG_20160211_162529

 

その半分に切れた人参に、同じ手順で包丁を入れます。

 

IMG_20160211_162548

 

同じ手順で人参を立てて切り落とします。

 

IMG_20160211_162601

 

そうしますと以下のように、

ジョーサーに入れやすい太さの人参が出来上がります。

 

IMG_20160211_162618

 

次はリンゴの切り方です。

これもジューサーに入れやすくするために

縦に細長くする切り方を行います。

 

まずはリンゴを横から切ります。

 

IMG_20160211_162637

 

この切り方はあまり見ませんが、

リンゴを縦長に切るにはこの切り方が一番効率的です。

 

IMG_20160211_162648

 

次に半分にしたものを縦に切ります。

 

IMG_20160211_162701

 

縦に切ったリンゴの芯を取り除きます。

 

IMG_20160211_162740

 

以下がりんごの芯を取り除いた状態です。

 

IMG_20160211_162749

 

同様に4つとも芯を取り除きます。

 

IMG_20160211_162849

 

次にジューサーの口に入りやすいように、リンゴを細長く切ります。

 

縦に包丁を入れます

 

IMG_20160211_162940

 

今度は横から包丁を入れます。

 

IMG_20160211_162958

 

以下のように切れたら、残りも同様に切ります。

 

IMG_20160211_163023

 

以下が切り終えた状態の見本です。

 

IMG_20160211_163058

 

それでは実際にジュースを絞っていきます。

先ほど切った細長い人参を入れてゴリゴリと砕きます。

 

IMG_20160211_163222_5CS

 

リンゴをどんどん入れて絞ります。

 

IMG_20160211_163318

 

絞り粕が溜まって、ジュースが大量に出てきます。

 

IMG_20160211_163509

 

絞り出したジュースをグラスに入れて出来上がりです。

泡が立っていますが、これが生酵素がいっぱい生きている証拠です!

 

IMG_20160211_163822

 

や~、めちゃめちゃ美味しいです♫

 

それでは、また(^^)

男性ホルモン増強-オートミールレシピ洋風公開

 

男性ホルモン増強-オートミール

 

オートミールは、日本ではあまりポピュラーな食べ物ではないかもしれませんが

シリアルの元祖という意味ではとてもオススメできます。

 

寒い日などには、身体があったまりますし

お腹がいっぱいになって、力が湧いてくるのを感じます。

 

アメリカでは誰でも知っているシリアルですが、

無味なため、他の甘くて身体にとって有害なシリアルの方が

人気が高いのが現状です。

 

どっちかって言うと伝統的な食べ物に分類されているのではないでしょうか?

 

但し、何億円も投資した競走馬のサラブレットに食べさせるくらい

安全性やパフォーマンスが期待できるスーパーフードですので

これを日常生活に取り入れないのは、目の前の超健康を逃しているということにもなります。

 

03

 

仙人さん(X-Powerという超健康になるためのプログラム提唱者)

日々オートミールの恩恵に預かって、男性ホルモンを全開にして

羨ましい限りですが、MR.種馬として子沢山な人生を歩まれているようです。

 

オートミールは、別れた妻が何かにつけて作ってくれたのを思い出します。

 

元妻のレシピは、牛乳おじやみたいな、

白砂糖てんこ盛りのアメリカンなスタイルでした.....^^;

甘すぎて身体がだるくなったのが、懐かしい感じもします。

 

男性ホルモンといいますと男性用と考えられる女性もいるかも?と思いますが、

女性の身体の筋肉や頭髪の頭頂ではなく、左右後ろの部分のフサフサ感や

凛とした姿勢や肌ツヤ感などは、男性ホルモンが担うものなので、とても重要なホルモンと言えます。

 

そこで、僕の場合には色々と工夫をして、食べやすく、美味しい食べ方を考案しています。

 

エックスパワーでも取り上げられていますが

牛乳をそのまま飲むとPH値(体内のペーハー値)が変化しますので

血液中のPH値を正常に戻そうと、骨に蓄えた各種ミネラルを溶かし出し、

ペーハー値を元に戻そうとするのが体の仕組みです。

 

牛乳を飲むとカルシウムが蓄えられるというのは宣伝文句で、

一種の神話と考えたほうが良いかもしれません。

 

東洋医学でも牛乳をそのまま飲むと血流が鈍くなり

肝機能や腎機能を阻害するとして、やめた方が良いとされています。

 

そのため、基本手順としては、オートミールをお湯で戻し、

食べわせを考えながら、他の要素を加える事が良いと思っています。

※食べ合わせとは、消化吸収を極限まで高めながら、長寿の秘訣になっている膵臓器官を守り、消化酵素のストックを常に行える超健康状態を活性化するための秘伝中の秘伝テクニックです。

 

詳細はこちらを確認して下さい!

 

以下にレシピを公開します。

 

男性ホルモン増強-オートミール

男性はお茶碗一杯程度のオートミールにお湯を加えてふやかします。

女性はもう少し少なめの方が良いと思います。

 

・ヒマラヤ岩塩で味を整えます。

・リンゴはダイス切りにして加えます。

・バナナは輪切りにして加えます。

・ピーナッツやアーモンド等はなるべく良質のもので、ミネラルや脂肪分を加えます。

・生牛乳よりも消化吸収に良い、発酵していて風味の豊かなクリームチーズを加えます。

・ハニーバターは、ハニーとバターを混ぜたもので、別々に加えても同じことですが、品質がとても重要なので、可能であれば低温殺菌しているハニーと自然放牧のバターを加えて下さい。

 

バターの有用性に関しても貴重なレッスンをX-powerプログラムで学べますので、こちらを参照してください。

 

仕上げに、シナモンやココアパウダーをかけて、

究極的な意味での、抗酸化物質になる色素を多く摂るようにします。

 

以上が、無敵の男性ホルモン増強用の朝食、オートミールレシピです!

 

それでは、また(^^)

 

著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト