暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 健康のチカラ » 脳科学者も忘れてた脳の仕組み~マルチタスクは自然の叡智~

脳科学者も忘れてた脳の仕組み~マルチタスクは自然の叡智~

脳の仕組みはとても複雑で人知の元なのに人知の及ばないと言う

シャレにならないことになっています(^^)

 

脳を面白おかしく解説する記事ではないのですが

どうも脳に関してピンとこない感じの記事が多い気がするので

脳のマルチタスクについて記事を書いています。

 

脳は御存知の通り人間の体の一部です。

 

脳だけが考えたり、記憶したり
反応したりするわけではないのです。

 

むしろ人間自体が脳のような働きをしている
というのが本当のところです。

 

ということは、人間自体が脳?

という疑問が浮かびますが

脳とは何かという話にもなったりします。

 

ちょっと複雑すぎるので簡単にすると...

 

脳はある程度決められた分担を受け持つ体の機能の一部で

言うなれば内臓という風に捉えています。

 

人間自体の本質そのものは内臓である訳ですから

皮膚や髪の毛等の表出している部分も内蔵のカタチが
変わったものだと捉えるととてもわかり易いかもしれません。

 

そのように捉え直して話を進めますと

脳は五感と繋がっているのを感じるでしょうし

内臓とも繋がっているのです。

 

分かりやすい例えですと

◎指先は脳の出張器官と言われ

◎腸は第2の脳とも言われていますよね?

 

それほど複雑な処理をしていると云うことです。

 

そして筋肉記憶や内蔵記憶があるなどとも言われていますが

長い進化の歴史を考えてみますと、生存に必要な能力の

結晶が人間なわけですから、脳が発達しながら、それ以外に

必要な機能はいろんな器官で代替されているのが自然だと

思うのです。

 

脳だけに全ての機能を集中させたら生存率が落ちると思いますし

いちいち脳を通さないと何もできなくなって不便ですよね?

 

そういったお家の事情を俯瞰すると良いかもしれません!

 

その場合には

◎五感が同時に働くように出来ている

◎各内臓も無意識化で動いている

 

と言う事で、人間自体が生存するために
様々な機能が同時に動いているわけです。

 

正に自然の叡智そのままに機能しているため

どれくらいのマルチタスクなのかは解りませんが

半端じゃ無いほどのマルチタスクで動いているわけです。

 

いちいち心臓に動け等と命令しなくても

自然に動いているわけです。

 

そしてよく話題に上がる「脳は一つの事しか処理できない!」

というのは

 

意識の役割は、情報を取捨選択するのが仕事の部門なので

わざと一つのことに集中処理させるように出来ているだけで

前意識では、違った役割を持っていますので、多くの情報を

マルチタスクで処理している訳です。

 

例えば、意識の特性を利用したビジネスがマジックですよね?

 

意識は一方向に集中する特性があるので、何らかのトリガーを用いて
意識を一方向に向ける事で、その他は何をやっても気がつかない^^;

 

あ~ら不思議という完全なヤラセなんですが、楽しめますよね(^^)

 

そして、前意識を利用したビジネスの一つに音楽があります。

 

音楽は、巧みに言葉をメロディーやリズムに乗せることで

取捨選択部署である意識の介在をバイバスしながら

あなたの前意識にダイレクトにアクセス出来る方法です。

 

その方法を活用してメッセージ性を強くした音楽をプロモしたり
色々な所で聞かせることで、自動的に意識にインデックスされて
その結果としてコンサートチケットやCDが爆発的に売れるという訳です。

 

これが音楽プロデュースの本質なんですね(^^)

 

その他にも内臓が生存に必要な多くの情報処理はもとより

ホルモンを分泌させたりと指揮系統も同時に行っています。

 

言うなれば体全体が脳の一部で、脳も体の一部といった

禅問答のような仕組みを持っているのが人間なのです。

 

ですので、脳だけ取り上げて云々と議論してもナンセンスですし

体全体を理解しながら核心に触れていかないと時間が勿体無い

というのがあります。

 

そしてビジネスに必要な脳の機能を理解する

アプローチはとても有効ですし

進化するためには欠かせないことだと思いますが...

 

感情や意識は、実は内蔵が大きく関与しているのが

本当のところですし、モティベーションを上げるには

膵臓、腸、腎臓、肝臓、脾臓等とても重要な内臓の

調子を上げないとなりません。

 

セルフイメージもこれらの内臓の調子がダイレクトに

影響してきますので、プロのモデルさんに習って

一日一杯の搾りたて野菜ジュースを飲みましょう!

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト