暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 文書力で稼ぐ » 

今を生きる~Live your life~

人生において今を生きる事はとても大切です。

 

躊躇することで、簡単に、本当に簡単に機会を

逃してしまうことがあるからです。

 

目の前の現実は過去からの集大成が
形になって現れている世界です。

良い事も悪いこともいろんなことが起きていると思いますが、

一旦受け止めることで、良い流れを手繰り寄せたり、

悪い流れを変えたりすることが出来ると思うのです。

 

自分の経験からも言えることですが、
長い間やりたいと思っていたことを
色々な言い訳を作ってやらないと、
不利な状況に至ってしまいます。
これは徐々に不利になっているのが
わかりにくいので見過ごしてしまうことが多いのですが、
一番失ってはならない情熱の種火が少しずつ小さくなり、
それに呼応するように周りの環境も悪化していきます。

 

経済学的に市場の状況を把握するのと似ていて

周りが少しずつ成長をすると、必然的に自分だけ伸びていない場合には、
不利な状況に追い込まれてしまいます。

 

何か良くないことをしているのではなくて、
何もしていないだけなのに、又は普通に日常を過ごしているだけなのに、
自然と周りの状況に追い込まれていくといった流れが出来てしまうのです。

 

今を生きることの障害要因は幾つか考えられますが、
一番多いものが恐れる、怖がる等だと思われます。

 

怖がるということは、身体的には固まるということなので、
行動原理としては何もしないというのが法則です。

 

そして何もしないと、経済学的には退行しているのと同義なので、
不利な状況に追い込まれてしまいます。

 

資本主義の根本原理に当てはめてみるととてもわかり易いと思うのですが、
現状維持を目指し始めた瞬間から、その会社はほぼ必ず近い将来に破綻を
迎えるのが市場の掟になっており、そのような状況は絶対に避けないと
いけません。

 

草が育つのをイメージしてみてください。

最初は種から細長い目が出て、どの芽も弱々しくほっそりしていますが、
直に太い茎と多くの葉を付けるようになり、成長が遅い芽は周りの草に
囲まれて光を得られないようになります。

 

そしてその結果、成長の源である光合成が行えないで息絶えてしまいます。

 

これが自然のサイクルなのですが、人間の社会も同じように循環を

繰り返し、ビジネスではもっと顕著にこのサイクルが繰り返されて

いるのを実感することが出来ます。

 

このように自然の摂理が「今を生きる」という
ある意味究極の競争力とも言えるものなのですから
この摂理を如何に自分のものとして、

行動心理に組み込んでいくかがとても大事だと思うのです。

ウェブデザイナーになるのに、最初にやることとは?

ウェブデザイナーってよく分からない人が多いと思いますが、ジャンルで言うとコマーシャルアート(印刷)とグラフィックインターフェイス(GUI)のクリエーターや、ウェブアプリのプログラマーなんかが近い感じです。

もちろんどーしょーもない人もいっぱいいるのですが....www

何する人?みたいな感じの人も多いです^^;

どれも馴染みがない人は、取り敢えずウェブデザイナーに関する雑誌や書籍とか見ると分かるかもしれませんね?

業務内容はホント多様を極めた感じになってきていて、

  • グラフィックデザイン有り
  • 動画あり
  • 音楽あり
  • 文章あり

って感じで、何でも有りなのですが、

ある意味ビジネスマンの基礎とも言えます。

今どきは起業するならウェブ上って相場が決まっているので、自分の店舗であるウェブの事を知らないでどうするんだ?ってレベルになってきています。

例えば、ウェブを作りながら自分の日記を更新していると、ある時美女から連絡が入った。

話を聞いてみると、自分の好きな世界をウェブ上で表現したいらしいので、徐々に詳細を詰めながら撮影したり、素材を集めるようになっていった。

互いに想像力がたくましく、話をしていると色々なイメージが膨らんで、互いに刺激し合える間柄になって行き、気が付くと付き合うようになっていた。

なんてことはザラにあるようですので、面白いかもしれませんよ(^^)

最近では、社長ですら取り敢えずチラシ位はウェブ上に載せられることが、最低限のマナーなのかな?なんて時代になってきていますよ。

そんな時代ですから、ウェブデザイナーになって、アフィリエイトサイトを作りまくったり、知り合いのビジネスを応援してあげたりするのが、理にかなった人生の作り方だと思います。

僕もコツコツとアフィリエイトサイトを作りながら、ビジネスの本質である集客や成約の腕を上げたり、友人のビジネスを応援したり、海外から商品を仕入れたり、外国のお客様ともやりとりしたりしています。

ウェブ繋がりと言いまして、ウェブ上で知り合ったり、ウェブの話で盛り上がったり出来る友達はとても貴重だし、おそらくビジネスでも関わることもあるような、ないような間柄なので、生涯の友になる可能性がとても高いですね(^^)

普通に生きているだけでもネットやウェブの話は避けて通れません。

こんな時代なんだから、元気を出してイメージコミュニケーションなんていいかもしれない!

文章や映像、音楽もあるしね(^^)

ウェブデザインができれば食うには困らない!

楽しいを仕事にすることが上達する秘訣だと思います。

例えば、一人の青年が居て、日々正体不明の不安に押しつぶされそうになりながら、どうしていいか解らなくて、大学との往復をしているなんて言うのであれば、時間がもったいないので、サクッとウェブデザインの勉強を始めると良いと思います。

就活も違和感があるし、かと言ってアルバイトを一生やるのも嫌だなーなんて落ち込んでいるなんて、ほんともったいないし、ウェブデザインは感覚だけで食っていくのとは全く違う世界なのを知っていましたか?

もちろん感覚も大事ですが、その前に論理を理解しないといけません。

文章の構造であったり、マーケティングに関しては電車の中吊り広告は凄く勉強になりますし、有名人やモデルのキャスティング、それを使ったグラフィックなんかもアートというよりはマーケティングなんですね!

電車中吊り広告

  • 人は何が好きか?とか
  • 何色に反応するか?とか
  • コピーはなんて書いてあるか?とか
  • タレントやモデルと商品のイメージの関連性とは?等

楽しいことが見つからない場合には、取り敢えずウェブデザインがオススメです。

ウェブデザインができれば、好きなことが見つかった時に、サクッとウェブを作って人に自慢したり、仲間を集めることが出来るし、ビジネスにすることも出来ますね!

それとウェブデザイナーは、高い賃金を求めすぎなければ、どこに言っても引っ張りだこですよ!

まぁ食うには困らない職種ですね!

職種としては、誰からもお願いされるし、将来性はあるし、覚悟を決めて取り組んで損はないと思います。

巷では、外国の安い賃金で云々と言われていたりもしますが、そもそも外国人では高度な日本語が理解できないため、ハイエンドの仕事には向いていないのかもしれませんネ!

日本で購買に繋がるデザインやレイアウトだって独特ですし、逆説的ですが、地の利というものは、インターネット時代にはもっと輪郭がはっきりしていって、加速していくんだと思います。

注意点としては、現場では日本語がよく分からないウェブデザイナーは必要ないので、日本語が苦手な人は勉強しないといけませんし、儲かっている会社ですと、ウェブマーケティングがわからない人も必要ないので、そこは最低限押さえていかないといけません。

これからのウェブデザイナーは教養があって、論理も理解できてという具合に、一つのこと意外はやらない的な職人系の人は徐々に淘汰されていく流れになっています。

これは間違いのないことなので、まじめに受け取ってほしいな~なんて思っています。

売上の行方 技術なのか?人間性なのか?

ジャバスクリプトは多くの場面で使われているウェブフレンドリーな言語です。

しかし残念ながら技術を使っているだけで、効果的に使われているサイトはあまり見かけません。

 

これは日本人の特性でもあると思うのですが、技術に酔いしれることがメインで、お客さんの真意を引き出し、今一歩、もう二歩踏み込んで、工夫することがないように思われます。

 

これですとせっかくのテクノロジーが売上アップと結びつくことがなく、制作の現場と販売の現場が乖離していくといった、あまりにももったいない状況が生み出されます。

このサイトをご覧いただくとよくわかると思うのですが、とても自然に多くの技術が使われていて、凄く使いやすいはずです。

Javascriptだけではなく、Wordpress(CMS)や各種ウェブサービス言語、インターフェイスの配置や視線の推移などに適合した人間工学をベースにした作りになっています。

 

テクノロジーは、一旦人間性に落としこんでから使った方が多くの場面において効果的に働くような気がします。

 

例えば、Facebookでは多くの技術が使われていますが、実際に使っているとあまり意識しないでも多くの便利なことをしている自分に気が付きます。

これってテクノロジーと人間工学の融合なのではないでしょうか?

もっと細かく言及していくと、多くのテクノロジーがあって、それを検証していく過程で、人間性と摺り合わしていくとどんどん淘汰されていく経緯になると思うのです。

 

そこで生き残った技術だけ使うというようなプロセスが、アップル社やFacebookのようなイノベーションを起こし、多くの人に支持されるというような流れを生み出してい行くのが源泉ではないか?

 

と。

 

何故?
大企業はこれをやらないのだろう?

 

多分あまりにも各部署がかけ離れているツリー構造の組織なために、相互連携が難しいのだろうと考えています。

 

そのためトップダウンの組織、SoftBankや楽天等はそれに当てはまると思うのですが、それらを除けばとても不調であるというような状況を生み出していると言わざるを得ませんね。

 

ただし、個人商店や小企業であれば、アップル社やFacebookのようにガレージや大学の寮で始めたというような小規模での意思決定が可能なので、目指すところはそれしかないのではないでしょうか?

このようにじっくりと吟味しながら施策を行っていくことで、本来の最適化の意味に沿ったビジネスサイトが出来上がっていくと思うのです。

ウェブサービスの上手な利用法

ウェブサービスの上手な活用法

ウェブサービスは厳密に言うとかなり多岐にわたる業務内容です。
あのグーグルもウェブサービスですし、Facebookやゲームサイト等も同様です。
そう言いますと何でもありなのですが、当社の場合はウェブサイトをプラットフォームとして起ち上げて、ご自身の事業や、副業など、何でも良いのですが、ウェブ上の店舗と考えるとイメージが沸くかもしれません。

結局、後にも先にも店舗となるものがないと、決済や詳細情報の掲示、さらには大事な集客や前提知識の発信などの一番重要な拠点がないと言うことになります。

 

無料ブログとかですと信用されませんし、キャッシュポイントを仕込むと削除されたり、普通のウェブでも多くの機能がないので、結局何も出来ないような感じなります。

 

最新情報としては、多くの大企業は自前でCMS(コンテンツマネージメントシステム)を開発したりして、独自のウェブサイトをビジネスシステムとして稼働させています。

 

それはCMSを使うことで、多くのコンテンツの管理やキャッシュポイント、決済やセキュリティなど、必要に合わせて盛り込むことで、ウェブサイトというより巨大なキャッシュマシーンに変貌させています。

 

このような事がCMSシステムを活用すると可能なのです。

個人で行う場合は、開発しても元が取れないので、ワードプレスを上手に活用して、大企業と同じことを小さなスケールで行うことが最もスマートな方法です。

そんなサービスを当社では提供しています。

 

詳細は多岐に渡るのですが、ウェブ上のビジネスで一番大事な事は集客だといえるでしょう。

 

CMSシステムに、コンテンツ(記事・商品やサービスの記述等)を多く盛り込んで、そのコンテンツを検索エンジンに評価してもらうことで、上位に表示してくれますので、そこからかなり多くのアクセスが流れ込んできます。

 

その他にも、当社の制作するワードプレスサイトは、スマホにも対応していますので、ウェブ広告(スマホ広告)を活用して、安い広告費で多くのアクセスを見込めます。

 

このようなコーディネートをコンテンツ、検索エンジン、スマホ広告と活用することで、多くのアクセスを獲得することが出来ますので、その段階で成約率を高めるサイト作りや、プロモーションを成功させる流れを作っていけば、ビジネスとして良い流れになります。

 

実際に当社のプロデュースさせて頂いているサイトは、最短で3ヶ月程度でアクセスが集まり始め、複利ベースの利益を生み出しています。

 

そのような利益を生み出す元になっているのはアクセスであり、その先にある成約率の向上により、積み上げ式のビジネスを生み出すことが可能になっています。
 

当社の考えるウェブ事業とは?

サービスの本質とは?

当社では、色々な業種のお客様に高い満足度を得て頂くために、本質的なサービスを実施しています。

 

通常、成果物を渡すことを目的に仕事行うのが一般的ですが、その成果物が各々の事業に対してどのような利益をもたらしているか?が、実のところ気になるわけです。

 

只のサービスであれば、それなりにはご満足頂ける可能性もありますが、ほんとうのところはどうなんでしょう?

 

  • 可能性としては、成果物は出来たけど、それを上手に使うノウハウや経験値がなくて、利益に結びついていないなんてことはないのでしょうか?
  • それとも、ウェブの本質がいまいち分からないために、その存在自体が把握できないなんてこともあるのではないでしょうか?

 

もっと深く掘っていくと、ご自身の事業自体の魅力や潜在的な市場などに想いを馳せることもなく、日々の作業に追われているなんてこともないでしょうか?

 

その場合ですと、インターネットを基幹とした社会システムの流れに乗り遅れて、せっかくのチャンスを逃して、現在の事業自体がジリ貧になる可能性もあるかもしれません。

 

そう言ったディテールの部分がとても大事になってきているのが、即ちインターネットを基幹とした社会システムの変貌状況なんです。

ちょっと前なら、色々なことが大雑把でも良くて、自分自身の事業だって情報開示や企画立案など必要なかったかも知れませんが、他の企業が次々と行っている中で、一般的になっている事を行わない場合には、取り残されていくしか道は残っていないではないか?と思われます。

 

そして、本当のところでは、作ったウェブサイトをどのように基幹部分にまで育て上げ、利益拡大やこれからの可能性にまで拡充していくか?が重要な部分だと考えています。

 

難しい話をしているわけではなく、多くの企業にとって最大の悩みである、少コストで集客をどのように行うか?が成功の鍵であるのは言うまでもないのですが、それを効率的に行うのがウェブだと言う話です。

インターネットテクノロジーは、宣伝活動や広報活動に始まり、キャンペーンやファンの獲得など、従来大企業しか出来なかったことを個人レベルで出来るようにしてくれました。

 

ソーシャルネットワークやウェブサイト、ブログやメールマガジンなどの多くのメディアを生み出し、それらをスマートフォンに統合するようになったことで、従来の新聞やテレビ、雑誌などに変わって、通勤や通学の合間にも情報発信やお買い物、探しものや連絡等、全てインターネット上での生活に変わりつつあります。

 

何故なら?

とても便利で、本質的な情報や商品を手に入れられるようになったからです。

 

これをチャンスに変えて行ける企業が伸びていくという傾向は、これからも加速することはあっても、なくなることはないと考えています。

 

実際に流れに乗るにはある程度の準備期間を要しますので、なるべく早く始めて、拡充する体制を作るのが健全なビジネスを長年営んでいくために賢明な事であると、言えるのではないでしょうか?

ワードプレスを使ったウェブサイトの破壊力

ワードプレスを使ったウェブサイトの破壊力とは?

多くの上場企業のウェブ担当者の間では、当たり前のこととして受け取られていますが、地方の中小企業の方には浸透していないのが実情ではないでしょうか?

簡単に概要をご案内いたします

ワードプレスの優位性とは、色々な機能を高価なプログラマーのカスタマイズを経るまでもなく、担当者レベルで次々と導入できるところにあります。

ビジネスで使う場合に最も必要性の高い機能は、
  • 集客に関する機能として、検索エンジン上位に表示させる
  • アクセスを増やすためにソーシャルネットワークと連動する
  • 会員登録やログインログアウトなどのセキュリティも管理する
  • メールマガジンを発行し、そのメールアドレスを管理する
  • キャンペーンを行う際も各ページをプラグインの機能を使って連動させる
  • ウェブサイトのメインコンテンツにアクセスが行くように内部リンクをコントロールする
  • レスポンシブなサイトとして、PC、スマートフォン、タブレットなどに対応する

その他にもセキュリティやアクセス解析等、言い出したらきりがないほど多くの機能を実装しているのが、ビジネス用ウェブサイトの特色です。

通常、プログラマーのカスタマイズを全てにおいて行っているサイトは、安くても数百万円から高いものですと数千万円に及ぶ投資になります。

通常の中小企業では、その体力自体がないという話になりますが、

ワードプレスを活用すればこのような機能を全て安価に実装できるのが、最大の優位性ということになります。

当然、多くの有益な機能を実装することで、利益は圧倒的に上がりやすくなり、ビジネスの基幹部分として機能するようになり、今まで不可能と考えていた海外市場や、日本全国の市場に参入することが出来る点が、圧倒的な破壊力と言えるのです。

特に昨今のスマートフォンの浸透を考えると、その市場に参入出来ないことは、将来性を諦めることと同意な規模にまで成長しています。

長い目で見ても、このようなビジネスの基盤を持っている企業と、そうでない企業がまともに戦えば、自ずと勝敗は決してしまうのが理であり、経営者の賛否を問われるレベルの重要な提言として、受け取って頂ければ幸いです。
 

千葉市でホームページ制作するなら当社が最も優れています!

ホームページ制作を千葉で行う場合ですが、もちろんオンラインで都内の会社に発注することもできますが、頻繁に会って打ち合わせができたり、作って終わりという状況を打破できますので、地の利を生かした地元での制作にはいくつかのメリットがあります。

人間社会は人と人の繋がりによるコミュニケーションが大切ですよね?

千葉web制作会社として、地元の素材などを取り込んで、ページ作りに活かすことも1つの世界観作りには欠かせない要素として推奨していますし、価格を比較しても、当社のようにホームページ作成で利益を生み出すスタイルではなく、1つのメディア事業として捉えながら集客やその事業の成功自体を育みながら、すでにある事業の可能性を広げたり、新たに起業する個人の成長を強力にバックアップできる存在として、地域経済や個人の将来性を最大限生み出せる存在でありたいと願っている会社なんです!

事業主の品格?

そのためのリサーチ&開発には余念がなく、技術的なものだけでは到底到達できない、人間の行動心理や、その商品やサービスの持っている潜在的な魅力などを紐解いて、適切に訴求していくというスタンスは、皆様が考えている以上にユーザーフレンドリーで、事業主自体の品格やモティベーションを高める作用があるのはご存知でしょうか?

従業員との関係性?

千葉でweb制作をすることで、地元での求人を掲載する場合でも、長い期間募集をかけることもできますし、地元ならではのニーズ(フレックス就業時間、通勤状況等)にも柔軟に対応することができ、これから最も必要とされる雇用側と就業側のWin to Winの関係性にも良い影響が見込めます。

ホームページ制作?

ホームページの時代はとっくに終わっており、適切なウェブメディアを望ましい形で保有しながら、お客様との関係性を高めるために運用していくという、ある意味当たり前でソーシャルな顧客サービスとして昇華していく事が最も重要な考え方です。

  • 大きな違いは作って終わりのホームページ=只の会社案内ですよね?
  • そのために投資するというのは昭和の時代の考え方で、現状では賢い選択とは言えないでしょう!

それではWebからの集客やキャッシュポイント等を持っているウェブメディアでは?

自慢の商品やサービスを適切に紹介しながら、お客様の意見を取り入れて改善するだけでも大きな成果と言えるでしょう!

さらにはショッピングカートを導入しての決済や、店舗への効果的な案内を盛り込むことで、確実に売上アップに貢献するばかりでなく、興味のあるお客様に適切にアプローチすることで、積み上げ式のビジネスシステムを運営することもできますよね?

このような小さい事の積み重ねが関係性を育む原動力に成り、結果的に大きな収益性や効果をもたらしていき、事業の本当の意味での成功を後押ししてくれるのだと考えています。

それでは、また(^^)

原子構造に見る人の判断基準(変数)と種の進化に見られる因果関係

ドラッカーのマネージメント論等に見られるマネージメントの役割は多岐に渡ります

その中でも重要なポイントは、如何に大きな功績を残せるように、顧客でもある従業員の価値を引き出し、その過程や結果においての満足度を高め、結果的に社会的認知を獲得していくのか?に集約されていると思います!

 

もちろんマーケティングとマネージメントが対になって、相乗効果を発揮しながら、周りを巻き込み、循環させながら力を増幅していく事が基本であることは言うまでもありません!

 

その場合、もしマネージメントが顧客でもある従業員の価値を引き出すことが出来ないならば、その従業員の働きによる価値提供は最小限のものになりますし、マネージメントから見たその従業員の評価は低いものになるのは自明ですね!

つまり、マネージメントの働きによってその従業員の生み出す影響力(価値提供指数)も変わってくる可能性が高いということです。

もちろん人それぞれ価値観や理解力などの後天的な学習や経験による積み重ねの違いがあるのは自明ですが、人を導く場合には必要になってくるプロセスの一つであることもここで述べておいた方が良いかもしれません!

 

これらの変数を伴う人と人の働きは、原子の構成が分子を作り出す働きに似ているのですが、原子自体は素粒子等の質量を伴わない場合もある素子等により構成されており、それ自体が物理学的な影響力を持っているとは証明できてはいませんが、確実に分子を構成している構成子であり、その働きにより分子の働きを担っているという点がとても重要です!

 

変数により変化する表層に現れない世界、科学的に証明できていない世界が多くを構成している点が興味深いですね?

特出すべき点は、原子の構成要素や条件は確実に解明されているわけではないのですが、その理由としては実験の環境や人員などの異なった変数により、原子が影響を受けて実験結果が異なる性質を持っている事が挙げられます。

時間の問題で、多くの不明点は解明されて行くと思いますが、わかりやすく解説しますと、マネージメントという変数の影響により、従業員のパフォーマンスが変わってくるため、結果も変わってくるということです。

 

ここで一つ引例を出してみますと、人間の生善説と生悪説のような極端で非現実的な考え方がありますが、生まれつき善として存在している!または生まれつき悪として存在している!というようなことに集約される考え方な訳ですが、冷静に生物の持つ進化の力を考えると議論を始めるまでもなく、どっちも変数である環境や教育などの重要な部分が完全に抜け落ちた論議になっていると感じられるのではないでしょうか?

 

それと同じで、現実社会(自然界)には多くの変数が存在して、その影響により善にも悪にも変貌できる力が、種の存続というテーゼを担った種の進化に伴う生物の基本的な能力なわけです!

一般的には、教育、学習、影響を受けた人物、環境等により人間の人格が形成されるということはすでに周知の事実だと思いますが、これを今の生活に当てはめて該当事項を精査していきますと、いくつかの改善点が浮き彫りになってくるのではないでしょうか?

 

この場合、もちろんマネージメント自体が従業員の可能性も高いわけですから、マネージメントのマネージメントのマネージメント...のように、果てしない堂々巡りを繰り返す場合は、発展的な議論には成り得ませんが、要約すると、変数を考慮に入れないで、偏った知識により人を判断することで不毛な機会損失を繰り返すより、人を、自分を、導いていける実力(原理原則)を身に付け、その変数自体を自由に駆ることこそ、ドラッカーの提唱するマネージメント力の本質なのではないかと思えるのです。

 

それでは、また(^^)

スタートレックから学ぶ普遍性とライフデザイン

トレッキーのみなさんはご存知だと思いますが
スタートレックの最大の魅力は永遠に続くか?

 

のごとく広がる未知の宇宙を探索しながら
色々な星間の事象に巻き込まれたり

 

特徴的な他の惑星人のキャラクターや

予想外の数々の展開だと思います!

 

最大のポイントは宇宙征服が目的ではなく

平和的な探索により人類の見聞を広めたり
先進的な技術に出会ってイノベーションを持ち帰りたい

 

又は友好的な人々とアライアンス(平和条約)を締結したい!

だと思うんですね!

 

そこにヒロイズムやヒューマニズムなどの哲学が内在することで

物語の深みがグッと増して、何十年も続く超大作テレビドラマ(映画)

コンテンツとしての良さが滲み出していると思います!

 

何故それが重要なのか?

 

という点については、人間の有機的にリンクしている

心理学・生物学的な働きを掘り下げる必要があるのですが
人類とは?もともと探索好きで、

好奇心が旺盛な生き物なわけで、

いろんなことが知りたい!

 

いろんな挑戦をしてみたい!

 

と感じるように出来ているわけです!

 

DNAレベルで!

 

これは種の存続という課題に

関係性のある機能と呼んでも良いかもしれない
生命維持装置の拡張した機能だと考えています!

 

生まれつき備わっている「とても楽しい機能!」

 

僕にとってはこれが人生の重要な部分で、

終わりのないビジネス、コピーライティング

ミュージック、デザイン、恋愛等諸々を学び続けている

 

最大の理由といっても良いのかもしれません!

 

言うなれば、それら全てが果てしないフロンティアを

探索するようなものではないか?と思うんですね!

 

ここに生涯のモティベーションが潜んでいて

 

例えば恋愛を例に上げると、
相手の感情の推移に従って、自分の感情も推移していくわけですが、
感情といっても幾重もの層があり、その中間にも幾重もの層があるわけで、
ほぼ無限と呼べるような深い領域がそこには存在しているわけです!

 

それをコールド・リーディング(読心術)のように

表層に現れる相手の顔の表情や部位の動き
指先や体の仕草、ちょっとした発声の違いからくる声のトーン等から読み取って
本心に近いものを探り当てる(コミュニケーション)という行為ですよね?

 

そしてこれらの元になっているのが記憶(脳内記憶・臓器・筋肉等)の

複合的な働きや、五感などとの相互連携から生まれるリアクション等(行動全般)の大変複雑な表現な訳です!

 

複雑なものはおもしろい!

 

まっ、コンプレキシティ(複雑性)の先にあるものは

白紙のようなシンプルな感情だと思いますが
白紙とは?自由に想像できる領域でもあるわけで

究極のデザインなんて言われたりもしています!

 

これが禅等の思想における円の流れですよね?

 

このように広がり=可能性というものは

人間にとってとても魅力的で、それを探索することが
即ち究極のビジネス性であり、ライフデザインであるように思えるのです!

 

 

 

著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト