暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 英語力で広がる » 

英語学習の盲点~言葉には愛が必要~

英語の記事を書くのも最近は慣れてきました。

 

その記事を書くときも
英語の本質を認識して、話す事が
とても大事なような気がしています。

 

言語としての英語の役割を考え
大きな絵を見ながら話を進めていきますと

 

そこには、文化であったり、歴史であったり
人類が繰り返し知恵を振り絞り、大切にしてきた
オールドファッションバリュー(古き良き価値観)であったりと

 

生活や知恵とともに積み上げられてきた
言葉、文化、コミュニケーションといった
英語を話すテクニックやノウハウ以上の

 

大切な意義を見出す事ができるかもしれません?

 

日本語にしても繰り返し積み上げられてきた
知恵の集大成であり、現実的にそれを用いて
愛や感動といったポジティブな感情や思考等

様々な知恵を表現、伝えることで
あなたがそこにいる事を感謝できる!

 

そう言った働きを担うものであると思うのです。

 

英語を話す場合においてもこれは例外ではなく
本当の言葉を話す事が日本語と同じ様に大切です。

 

英語だからこう話すというのはあくまで便宜上の事であり
そのまま鵜呑みにしても、人の言葉を真似しているだけに
過ぎませんので、あなたの本心が伝わるということはない
と思います。

 

逆に拙い表現であっても、自分で考え、工夫した言葉は
きっと相手の心に届くかけがえのない言葉になります。

 

私が若い父親だった頃に、その当時3つだった息子が

私の目を見ながら、絞りだすように、Orange Juiceの事を

「On Juice」と言っていたのが、未だに心の中に鮮明に

残っています。

 

息子の大好きな飲み物だったんです(^^)

 

その当時は、拙い英語しか喋れない息子でしたが

息子の話していることは手に取るように理解出来ました。

 

ですので、流暢に話すことも将来的には大切かもしれませんが
そこに焦点をあてるより、ひとつひとつの言葉を大切に
することが、どんな言語学習に置いても重要な気がします。

 

たどたどしくても、単語の羅列でも、その言葉を伝える気持ちが
身振りになり手振りになり、相手の頭の中のイメージに繋がって
真の意味のコミュニケーションが確立するように思います。

 

その言葉は、通常五感と繋がってあなたの心に宿ります。

 

言語学習で大事なのは、コーヒー(Coffee)という言葉の
匂い、味、食感、温度、気持ち、音、視覚等の情報を
実際に試飲して体に取り込むことで、英語が話せるようになります。

 

英語圏の人に
Would you like some coffee?

と聞かれた時にも

 

Yes, I want it!
とコーヒーの感覚を反芻しながら答えることが出来ます。

 

一口飲んでみて
Yeah, This is good coffeeとか
This is so badとか、自分の素直な気持ちが続きますよね?

 

もし飲んだことがない場合には
説明を聞いてもいまいち理解できないかもしれません。

 

こんな感じで現実感が伴っていると
自然と英語をしゃべるようになりますし

 

逆に、もし日本の街角で
外人さんに、教科書を丸暗記しただけの
違和感のある日本語を話しかけられたとしたら
この人何言っているんだろうと思うんじゃないでしょうか?

 

言語学習が、棒読みのような、感情が言葉に宿っていない
状況だと考えるとそんなの必要ないと思うのです。

 

もしこれがあなたのやっている英語学習だとしたら....

どうでしょうか?

 

それよりも少ない単語でいいから
実際にその単語の意味してるものを試して
自分の五臓六腑に落とした方が良くないですか?

 

1年で12個の単語しか習得できなかったとしても
実際に自分で試して、腑に落ちたものであれば
その単語を軸に多くの理解や応用ができますし

それだけでも、かなり多くの英語圏の人と
通じ合えるようになると思います。

 

そうすれば慣れていくので
自然と多くの言葉が腑に落ちるようになり
気が付くと結構英語しゃべっているよね?

 

って展開は目の前だと思います。

 

下の映像は、かなり高度かもしれませんが、基本理念は上記と同じです!

 

英語がうまくなってきたら、パブリックスピーキングを学ぶのには最適な映像ですので、

参考のため張っておきますので、英語上級者は御覧ください!

 

英会話の法則1・2・3「ふわっ」と覚えよう!

英語上達には、いくつかの法則があります。

 

正直言うと、日本の学校で教えている方法は

英語が喋れるように考えたものではありませんね。

 

どちらかと言うとテストを前提に考えられたカリキュラムで

外国人とコミュニケーションを円滑に行うことは無視している内容です。

 

こんなこと言うと

「それでも先生たちは頑張って教えているんだよ!」

 

「あんた教師でもないのに、偉そうなこと言うんじゃない」

とお叱りを受けてしまいそうですが....

 

本当に申し訳ありませんm(_ _)m

 

でも知ったかぶりではないので

誤解は解いていきたいと思います。

 

私はアメリカ人の妻と結婚していましたし、

子供もアメリカ籍の立派なアメリカ人です。

 

私もアメリカに13年間住んでいて、

永住権も持っていましたし、しっかりと税金も納めて、

立派に市民をやっていた経歴があるんですよ。

 

もちろん朝起きてから寝るまで英語、寝言まで英語で話して

喧嘩からセックスまで全て英語の我が家はとても騒々しい所でした。

 

日本に帰国してからも、多言語の翻訳コーディネートや

公用語が英語の外資系の会社で何年も務めていました。

 

とても長い間というか、ほとんど英語環境に住んでいます。

 

もちろん今も仕事は殆ど英語ですし、趣味も英語のドラマ

音楽も英語、最先端のラーニングメソッドも英語という感じです。

 

これでちょっとだけ意見言わせて頂いても良いでしょうか?

 

単語の暗記はダメだと思います。

暗記ならまるごとブロックでセンテンスという感じでしょうか?

 

Would you care to have dinner with me?

Can I have a cup of coffee?

 

もっと言うならば、単語なら語源を暗記といいますか

覚えるというか、例えばCoが付いている単語ですと

共同(一緒)という意味なので、共同に関する単語が自然と出てきます。

 

例を上げると

corporation

coordinate

cooperation

confidence

correspond

colony

commercial

college

colleague

coating
coaxial

co-worker

co-creator.....と

 

Cのアルファベットのカタチが、相手をハグしているよね?

なんて感じてきたらしめたものです....。

 

こんな感じで、覚えるというより自然に出てくるようにすると

脳内のシナプスがどんどん繋がってきますので、暗記がいらないです。

 

ヒヤリングでも語源が分かってくると初めての単語でも

何となく分かるような「ふわっ」とした感じになります。

 

この「ふわっ」ていうのが、慣れてきた証拠だと思うのです。

 

普通は、あーっ分かんないってなって、

恐怖とか混乱になるので、そうなったら即死です。

 

気合と根性の人ってこうなるんだよね....

 

逆に「ふわっ」は、

 

リラックスしている証なので、

分かんなくても脳に浸透しているので、

自然と覚えている感覚なのです。

 

ちょっとだけ難しく言うと、
脳の前意識って所に「ふわっ」と入っていってる感じで、

明確に意識できないけれど、あっなんか入ったって感じです。

 

もうちょっとやると、知識が繋がって使えるようになる状態

なので、この「ふわっ」って感じを大切にしてください。

 

私の場合ですと、あっ右脳に浸透しているって感覚で

頭の右サイドが、なんか気持ちいいって感じになります。

 

最初は、言葉なんだから完璧に分かんなくてもいいのです。

英語の加速学習には「ネイティブスピーク」

英語の学習で苦労している人も多いと思いますが、

日本語と英語には多くの違いがあります。

 

文法の違いにも多くのものがあります。

文法の違いとは、価値観の違いと言い換えることも出来ます。

 

何かを相手に伝えるときには、考える順番や、物事の成り立ちの構成や
文章を組み立てるロジック(論理)がそのまま文法になります。

そのため同じ順番で考えないと、

自然にその文法に則ったネイティブ英語が出てくることはないのですが、

日本的な文法に則った英語に一部変えていくことも個性的であり

あなたの話し方を決定すると言う意味では、とても良いと思います。

 

英語に限らないと思いますが、

個性を重視する国々の人が使っているのが英語ですし、

あなたの話し方には、人とは違う価値があることを認めてくれます。

 

英語圏では、変人という意味ではなく、その人固有の感性は、

とても価値が高いことだと認められています。

 

但し、発音に癖があるのはいいのですが、あまりにも違っていて、ブロークンな聞き取れない英語では、言葉として理解できないのが問題になります。

何度も聞き返して、それも理解できないのでは、会話が出来ないので、

ある程度の発音体系はマスターすると便利です。

 

そもそも発音は、ヒアリングが上達してくると、

それを真似ることで発音が上達して、上手に話せるようになりますが、

 

言葉は幼少期に覚えるものなので、成人になると幼少期の頃のように

ただ聞いているだけで劇的に上達するのは、余計に長い時間がかかります。

 

その場合には、発音練習を集中的に行うことで、

脳内記憶としての発音パターン認識が加速しますし、

そこで繋がった神経系統が良い影響を生み出して

 

ヒヤリングが上達したり、文法をブロックとして

認識するようになったりという効果が連鎖的に起き、

短期間に英語が上達する可能性が飛躍的に高まります。

 

私も30年以上英語を学習していますが、

発音集中学習は、英語スキルの底上げ、加速するためには、

ある時期に集中的に行う事をおすすめします。

著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト