暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » お金と暮らしの実践術 » 

虫だらけ、コバエ、蚊「木酢酢」「虫よけバリア250日」

虫の季節ですが、キモい感じしますよね?

 

黒光りのゴキや痒すぎる蚊なんかもブーンと飛んできて

いきなり血を吸っていきますが、その後もかゆいのがたまりません。

 

中には、アリやダニとかいい加減にしてくれと思いませんか?

 

img_kobae

 

私の部屋は、観葉植物が多いので、昨年はコバエに悩まされました。

 

100均で買った、観葉植物の土の中に大量に卵が潜んでいたようで

部屋内で異常発生、あまりにも数が多いので、対処方法がなかったです。

 

日光に反応して付加するので、酷い時には数千匹が一晩で生まれ

窓際のカーテンが黒く(白地のカーテンなのに)なっていました。

 

1. 一番先に行ったのが、土の入れ替えを行えば良かったのですが...

卵が孵化しないように、赤玉(硬い粘土質の玉状の土)を

大量に買ってきて鉢の上部に3~5cm位の上層を作りました。

 

まあまあの効果で、1時的にコバエの発生が収まったのですが

その後も継続的にコバエが発生して嫌な期間を過ごしました。

 

2.  その次にしたことは、コバエは鉢植えの周りで動かないので
掃除機で吸い取りはじめて、毎日の日課になりました。

毎日数十から数百匹吸い取りましたが、それでもいなくならずに

フェロモンに集まる生態のためか、顔の周りをひっきりなしに

飛んで来るので、うざったい感じは否めないです。

 

対策としては悪くなかったのですが、根絶できないという意味で

一時しのぎの対策になりますが、取り急ぎ悪く無い方法です。

 

但し、コバエはなかなかしつこいので根気がいる対策になります。

 

3.  最終的には、冬を迎えて徐々に数が減っていきいなくなりました。

この際にプロセスを助長しようと高級な木酢酢を購入して鉢植えに

ジョーロに数滴垂らして水やりを行うようにしました。

 

木酢酢は、炭焼きの時に出る煙を冷やして液体化したものだそうです。

匂いは燻製のような煙っぽい臭いがしますが不快感は感じません。

 

その後、虫の季節を迎えましたがコバエは完全にいなくなりました。

 

それどころか、いつも寄ってくる小鳥や蜘蛛の類

家ダニ、ゴキブリ等も全く目にしないようになりました。

 

部屋で使う目的でも、すごい効果だと驚いているのですが....。

 

それだけではなく観葉植物の色や葉の大きさも

昨年よりも緑が濃く葉が大きい状態です。

 

木酢酢の但し書きを思い出しますと

 

木酢酢を水に混ぜる事で、水の分子の粒がより細かく揃い

根や葉に吸収されやすくなるとの事だったので....。

 

ボーナスタイムとして、いまではそのことが実感出来ます。

 

木酢酢

 

木酢酢のさらなる効果は別の記事でも書きますので

また見てみて下さい!

 

その後、虫よけリサーチを色々進めてみたのですが

フマキラー「虫よけバリア250日」を試してみました。

 

成分は、忌避効果の高い薬剤と天然ハーブの香りの

ハイブリッド効果と謳われていますが、匂いは良い香りと感じます。

 

その効果ですが、日の当たる窓際に置いて1~2週間ですが

コバエや蚊などの害虫がいつの間にか皆無になっています。

 

流石にリンクを貼るのがめんどくさいので

Amazon等で検索して試してみてください。

 

mushiyoke250

 

それではまた(^^)

幸せな未来!自然と貯金(内部留保)が増える~お金の教育~

お金の教育をしっかりと受けていると

自然とお金が貯まるようになります。

 

僕は比較的豊かな家に生まれて

両親がお金に困っていたのを感じたことはありませんでしたが

両親からキチッとお金の教育を受けたこともありませんでした。

 

yakiniku

 

 

友人たちの金銭感覚等を見ても

僕と同様にお金の教育をキチッと受けている人は見当たりません。

 

きっとお金を毎日使っているにもかかわらず

そのことをよく知っている人はあまりいないのかもしれません?

 

これが大きな動機となってX-Family Officeのプログラムを

受講することになったんだとおもいます。

詳細は以下を確認すると良いかもしれません。

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

簡単に経緯を説明しますと

受講当時は、体調が悪く(東洋医学で云う:未病の中~重)位の感じで

仕事自体毎日できる体調ではなかったので、バイトで月10万くらいだったのですが...

 

お金の教育のせいで、特にそれほど不自由も感じずに暮らせた経験があります。

 

そして、6ヶ月後からはX-Powerという健康プログラムにも参加して

メキメキ体調が良くなって、収入もドンドン上がるようになりました。

詳細は以下を確認して下さい。

https://www.naturalsuccess.jp/xpower/

 

その数か月後には、起業独立して丁度1年たった今では

しっかりと内部留保でき、初年度は大きな黒字で盤石な2年目を迎えています。

 

起業にしても自分で何かを頑張った記憶はないのですが

流れが良くなったために、自然と起業する事になり

自然と仕事の質が上がり、自然とお客さんの評価が上がり

うまく行き始めているということになっています。

 

ちょっと無責任な物言いかとも思うのですが

自分の場合は、如何に頑張っても何もうまくいかなかった経験があり

それが原因で体調を壊しさらにうまくいかなかったのですが....

 

その時の失敗と現在の状況を比較するとあまりにも対象的なため

なんだかなぁと不思議な感じがしています。

 

きっとこれがお金の教育の価値でもあり

健康を手に入れた時に自然に至る、望んでいる現実なのだと今では実感しています。

 

今考えますと特にそれほど何かを頑張ったという記憶はないのですが

未だに暇な時間がすごく多くて、このように記事を書いているわけですから....

 

小さな変化が少しづつ良い変化を生み出し、バタフライ効果で次々と

良い変化を導いてくれたのだと思います。

 

もちろんこれから先は、やりたいことも増えていくと思いますし

健康を取り戻した今は、なんでもやれるという気がしてきているの事実ですが

 

以前のようにがむしゃらにやってもうまくいかないことは明白なので

お金の教育で学んだ冷静さやコツを十分に生かしながら

 

澄んだ心と身体で、お客さんが喜ぶことを見つけて

自分ができることを提供できればと思っています。

 

それではまた(^^)

神話の法則「胸キュンキャラと同化」発明発見の序詞

神話の法則「胸キュンキャラと同化」発明発見の序詞

というタイトルで話を進めていきたいと思います。

 

eureka

 

キャラクターの設定といいますと

多くの考え方があってしかるべきと思いますが....

 

ある意味王道不滅のキャラ設定といいますと

やはり活躍するけど等身大というのが

 

一番感動的でもあり、身近に感じられ

感情を揺さぶるのではないでしょうか?

 

例を上げますとエヴァの綾波レイや

エウレカセブンのエウレカ等が該当します。

※準主役的な展開も複雑さを増幅させています。

 

純粋さとスーパーヒーローが同時に宿りながらも

日常での等身大の人間としての葛藤も同時に内在することで

甘みも辛味も持った奥深い味わいがそこに醸し出されます。

 

これらの要素を満遍なく持ったキャラでないと

なかなか根源的な意味での感情が激しく揺れる

という境地にはなかなか達せないと思うのです。

 

これらの抽出したマトリックス、システムと呼んでも良い

コンフィギュレーション(構成要素)をレイアウト(縦横奥に並べる)

していくと、その実像に迫ることが出来るように感じています。

 

エウレカセブンのカットバックドロップターンに代表される

物語のエッジの立て方ですが、流れのフックを潜在意識に

 

アンカリング(埋め込む)する事で、何かが起こるたびに

背景にその情景が映し出されて、場面や展開に対しての心理誘導が起こります。

 

この辺を技術的に捉えていくとつまらないことになってしまうのですが...

 

人類の進化しながら獲得してきた各種機能としての心理的な現象として捉えると

人間性の探求という意味において、とても価値のある発見が見出されていくと確信しています。

 

詳細は、エックスファミリーオフィスで学ぶことをお薦めします。

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

 

そもそも人間にとっての人生とは物語の完結に向けての

序詞であるというところに帰結します。

 

人生そのものが物語と言っても過言ではないですし

その物語をどのように構成していくことが

 

望んでいる現実を生きていくか?に要約されますので

成功を達成するということは、すなわち物語のピーク場面を

創造するということにつながってくるわけです。

 

もちろん人生ですから、流れの中に存在するという

前提からいうと完結することはないわけですが...

 

もし死んだとしても

 

その物語は語り継がれるという経緯で、作話の中に

記憶の中に、印象の中に、教えの中に生き続けることになるわけです。

 

これが物理法則である「エネルギー保存の法則」と

一致した経緯を辿ることになるのです。

 

詳細はウィキペディアを参照下さい!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

 

思考はエネルギーであるという認識はとても大事な真実です!

 

そしてそれらには質も量もあり

その状態によって様々な状態に移行します。

 

例えば

  • 成功の状態
  • 失敗の状態
  • 又はその中間の状態等...

 

人間性の探求を行っていると多くのことが浮かび上がってくるのですが

その中でも印象的なのが人間はストーリーに感情移入する事がとても好きで

 

エンターテインメントの多くが

それをより感動的に描いたものが名作とされることからも

 

人間性(人生)とはストーリー形式であり

 

  • 過去(記憶及び作話)
  • 現在(各種フィルターによって見えている世界)
  • 未来(未知の領域への希望)

 

という構成になっています。

 

これらの事柄は、マズローの人間性の心理学でも語られている

底辺の欲望を順番に達成して行くことで

 

次か次からより高い次元の欲望が現れ、それらが強い欲望となり

人生のストーリー性の密度や意義などを濃密な段階へと押し上げてくれる。

 

そんな生き方を行うのが

人間性であるという結論に達するものであると思うのです。

 

このように、人生(物語)は時間という概念の上にのみ成り立つ定義なため

3次元の考え方では理解すること自体が困難なものです。

 

時間という概念は次元で言うと4次元になりますので

4次元で物事を捉えることがとても重要になってきます。

 

4次元の詳細はウィキペディアを参照

https://ja.wikipedia.org/wiki/4%E6%AC%A1%E5%85%83

 

例えば、セックスしたい時に

 

  • いつやりたくなったんだろう?
  • どれくらいしたいのかな?
  • した後はどうなるんだろう?

 

と同時に考えることで、線・面・立体・時間のように

4次元的にシュミレートして流れが把握できるはずです。

 

それを前提に「胸キュンキャラと同化」を考えてみますと

自分の人生を物語ることで、キャラの設定ができるようになる訳ですから

ここに「望んでいる現実」創出のチャンスが生まれると思うのです。

 

 

ここに、四季のような、はんなりとした

移り変わりがあるんだと認識できるようになれば

Hした後は、そんなに性的に求めることもないよね!...と。

 

背中向けて寝ちゃったりとか...

 

 

そうしますと、人生のキャラ設定として等身大の自分で

いろんな事が認識できた自分を全面に押し出して

 

時間を味方に付け、有利な状況を作り出し

少しずつ時間をかけて流れを手繰り寄せながら

自分の希望通りの現実を、流れの中で一つ一つ着実に実現していく!

 

つまり流れをコントロール出来るようになり

コントロールできる領域を拡大すること!

 

そこに大きな感動的な物語創出のチャンスが

隠喩されているということが即ち発見であり

 

その要素を発達させていくと発明になるんだ....と。

 

詳細は、エックスファミリーオフィスに学ぶことをお薦めします。

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

それではまた(^^)

女と男の共通点、幸せの定義~人間性の発達~

女性と男性の共通点についてよく考えます!

それは、文化的な意味というよりも生物としての興味からです。

 

baby

 

X-PowerやX-Family Officeのプログラムを受けていると

より根源的な部分が理解できるようになってきますので

日常の普通のことから真実を垣間見ることが出来るよう

になってきます。

 

詳細は以下を確認して下さい!

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

例えば、陰陽の考え方が解ると物事の物象的な事の

成り立ちや、白と黒、人間で言うと男と女等の

対比された事実の相対が掴めるようになってきます。

 

もちろん物象だけではなく、目に見えない心理や声

存在感や光と影、真理と虚像、思考や感情等の全般的な相対などです。

 

陰と陽だけだと抽象的かもしれませんが

ズームイン・ズームアウトだともっとイメージし易いかもしれません!

 

例えば、地球を宇宙から見ると丸いブルーの惑星ですが

自分がいるところを見てみると道路や部屋、仕事場かもしれません。

 

こういった視点を大きく変えることにより

全体像をつかむのにとても役立ちます。

 

結局、お金の教育でも、成功する方法でも

陰陽の考え方が基礎になっています。

 

全体像を掴みながら、点の部分の精度を高めるといった

ズームイン・ズームアウトの方法論がとても大切で

これを行うことで、何を行うにも事前に認識を高め

フォーカスポイントをあぶり出す必要があると思うのです。

 

そうしないと実際には物事にフォーカスできませんので

力を点に集中してバンっと撃ちぬくことは難しいです!

 

この振り幅が大きいとより多くの認識が高まる状態ですので

複雑性や多様化などが軽減していき、行動の精度が高まると思うのです。

 

以外かもしれませんが、物事の認識が高まれば高まるほど

そこに見えるものは、無駄が削ぎ落とされてシンプルになっていきます。

 

一般的には、知っているか?知らないか?等と表面的な話を聞くと思いますが

実際には知っていても、認識できていない事柄は山程あります。

 

例を上げますと

 

毎日食べる美味しい料理のことは知っていて

味もよく知っていて、何年も食べ続けているのに.....

 

その材料のことや料理法のことが認識できていなかったり

知っていたとしても、実際に経験がなくて曖昧だったり

認識自体がかなりいい加減な事柄がほとんどではないでしょうか?

 

これらをほんの少しでも認識できるようになることで

物事の見方が大きく変化した経験はありませんか?

 

例えば

 

  • 学校ですごく気になっていた彼女の無駄美人っぷりを街で見かけてしまい、彼女に対するあこがれが実は幻想で、そのことに幻滅してしまったとか...

 

  • ずっとすごく欲しくてたまらない商品を手に入れた瞬間に、今までの興味が半減して、開封もしないで放ってあるとか...

 

  • 健康的なつやつやお肌の美人は、腸内環境が良いのが条件ですので、実は大量の排泄行為を自然と毎日行っているとか...

 

補足になりますが、認識の高い家族内の日常会話をシュミレートしますと:

 

娘:あのお姉さんすごくキレイ!

きっと毎日うんこをいっぱいしてるんだねパパ?

パパ:そうだね!お前も毎日うんこをいっぱいするとキレイになれるよ!

だからキレイになるには規則正しい生活をするのが良いよね?....

となると思うのです。

 

しかし、世の中は大人の事情で価値観の刷り込みだらけなので

本来あるべき姿からはかなり遠く、実際にはそうなっていないのが

認識が高まらない原因であるため、それを外すのがとても大事です。

 

正しい認識が本来の人間性の発達には欠かせないと思うのです!

 

物事の光と影のような部分が認識になってきます。

 

そうしますと、今まで思っていたことが

大きく違っているのに気が付きます。

 

知っているというのは、ある意味知っていないということに....

 

この視点を前提に女と男の共通点を日々見出しているのですが

結論から言いますと、生物学的にはほぼ同じ生物です!

 

その辺を深く話して行きたいと思います。

 

女性性といいますと、子供を育てるという大事な仕事がありますので

やはり愛情が強く、それを原動力に何でも達成するという所があります。

云うなれば、哺乳類脳が発達しやすい条件下に生活する訳ですが....

 

男性性といいますと、生活費をゲット、女性の中に射精する等

女性が行いにくい部分を担うことで、かなりベーシックな部分の

爬虫類脳が発達し易い条件下に住んでいます。

 

これらのベーシックな人間のしくみ等に関しましては

X-Family Officeで詳細を学ぶ事をお薦めします。


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

 

その哺乳類脳(女性性)の発達なのですが

気をつけないとかなり危ない状態に陥る可能性があります。

 

それは哺乳類脳としては、集団の中にいることで

守られて生き残るという戦略ですから

周りの人間にかなり左右されるという側面も同時に存在します。

 

その場合、周りの人間が聡明で理想的な人間関係であれば

自分もすぐに理想的な人間になれるのは間違いないのですが

僕の知る限り理想的な人間関係の中にいる人は少ないと感じています。

 

そのため、ミラーニューロン効果で、抗いたくても抗えないまま

知っていたとしても、自分の希望しない人間に仕上がっていくという

負の連鎖が必ず起こりやすい立場にいるのが女性だと感じています。

 

ファミリーオフィスの分類ですと、一番多い型式(女性の50%~)として

・哺乳類脳>情>五感>今すぐ or 何?タイプに分類される典型例です。

 

爬虫類脳(男性性)の場合ですと

生存のための生命力が強いタイプで、生理現象(H、食う、寝る)に

特化した型式で、いわゆる肉食系男子のタイプになります。

 

補足として、今時の草食系と言われる男子は、哺乳類脳が発達しているため

周りに気を使ったり、安全欲求が強く、決断が苦手な型式になります。

 

爬虫類脳が発達している男子は、生理欲求が強すぎることで

自分の希望している未来というイメージはとても弱く(イメージ出来ない!)

目の前のものが全てという状態に陥りやすいので

資産構築などの長期的な戦略を行うには程遠い所があります。

 

キレイな女性に騙されやすく

預金を簡単に空にされる危険性があります。

 

これらの2つの脳を行ったり来たりすることで、

女性性が強い、男性性が強いという風に分類すると

とても分かりやすい図式が浮かび上がってきます。

 

詳細は、X-Family Officeで詳しく学べますので

価値の高い知識として、一生涯使うことが出来ます。


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

 

肉体的に言いますと

女性器と男性器をよく見比べて、出来ることであれば

医学書などの解剖図解等もよく参照して欲しいのですが...

 

彼女や彼氏でもいいですが、Hな気持ちとともに

進化や変態(トランスフォーメーション)の軌跡を

発見することにも興味を持ってほしいのです。

 

両性器ともに形状や機能性は違うのですが

陰と陽の形状になっているのです。

 

陰の方は中に入れられる形状で、正対象にちょうど中に挿入する男性器を

ひっくり返したような形状になっています。

※男性器及び睾丸を体内に埋め込んだような形状です。

 

性感帯の位置もかなり近くて、Gスポットと言われる位置は

男性器で言うと亀頭の腹側に当たる部分で、一番敏感なところです。

 

実際には、女性器のクリトリスが巨大化したのが男性器と言われていますから

その名残りとしてクリトリスも男性器の亀頭の腹側と同様な性感帯があります。

 

そうしますと女性と男性の違いというより、正確に言うと変態形状が見られ

それを元に性別を分けているという方が適切かもしれません。

※女性、男性という分類は後で決めたということになり、ある意味どうでも良いという感じがします。

 

これらを考えてみますと、女性と男性の共通点ですが

変態した形状の変化は見られますが

脳の発達具合によって、様々なパターンがあるのでは?

 

実は人間は性に関係なく、偏りはありますが哺乳類脳と爬虫類脳の中間で

ざわめいているといった表現が適切なのかもしれません。

 

具体的には女性でも爬虫類脳が発達していて肉食女子のような

男性でも哺乳類脳が発達していて草食男子のような振る舞いを

脳(心理)の発達に応じてしているだけの事だと思うのです。

 

 

それを細かく話していくこともできますが

本来の発達心理学では、どのように心理が発達していて

 

その先にどのような発達が見込まれているか?

が一番重要です。

 

上記の例はあくまで過程であり、本来の人間性が

100%現れている状態ではないと言うところです。

 

ズームアウトして見てみると、人間脳(心理)の可能性は壮大で

心理の段階を積み上げて発達させていくと次々と新たな可能性が顕れ

 

両性ともに、全ての人間が持っている本来の人間性(向上心、愛情等)

というものがあり、それ故に人間が発展してきましたし

更に発展する気配を見せています。

 

それが、人間脳(心理)の発達というところだと思います。

 

人間脳は、ほぼどの動物にも見られない程高度な脳のようで

長期的な視野というと分かりやすい表現かもしれません。

※脳の一番外側を覆っている薄い膜構造の脳

 

冬眠する動物達には若干この傾向は見られますが

一冬だけの準備や展望ですので、生存本能が拡張して

遺伝子に組み込まれた野生の一部とも考えることが出来ます。

 

又はこの野生の一部だったものが拡張機能として

短期間に異常に発達したのが、人間脳の構造を

顕著に物語っているのかもしれません!

 

人間のように何年先のことや行ったことのない所をイメージして

それのための準備をしたり、コツコツと積み上げていったりすることは

通常の動物では、おそらく脳の構造上出来ないのだと考えられます。

 

それ故にそれらの動物は、心理もとても原始的なものであるとも想像できます。

 

これらの事柄は、実は成功(自己実現)や豊かな人生を生きるために

一番重要なので、大事なことを理解していないことで人生を棒に振る

ようなまねはして欲しくないと思っています!

 

詳細は、X-Family Officeで詳しく学べますので

一生ものの知識と認識を培って見ると良いかも知れません!


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

それではまた(^^)

Misia「オルフェンズの涙」お気に入りの音楽とともに

この音楽は、ガンダムの「鉄血のオルフェンズ」という

面白いアニメのエンディングソングになっている曲ですが

なんでわざわざ記事に取り上げているかといいますと?

 

情報伝達の話がしたかった訳です。

 

何の話?と思われるかもしれませんが、ミュージシャンの端くれとして

音の持つ情報価値については、かなりのレベルで理解していると思っていますし

その音の持つ心理学的な効果や、声の持つ情報量や影響力などについて

とても興味深い内容をシェアしようと思っています。

 

まず最初に、僕の好きな音楽はほぼ間違いなく

圧倒的な情報量を持っている音楽ということです。

 

この辺はなんとなく誰でも理解していると思うのですが

明確な基準ではあまり話されることが少ない話題でもあります。

 

実際どうなのよ?

 

と言いますと、良い音楽や音声と言われるものには

ほぼ間違いなく圧倒的な情報量が圧縮してつめ込まれています。

 

それを耳で聞きながらデコードという圧縮を脳内で解いて

ブワッと膨らましている感じなんです。

 

マイクロウェーブポップコーンが頭のなかで

ブワッと広がる感じというと分かりやすいかもしれません。

 

この量が多ければ多いほど、質が高ければ高いほど

ドーパミンが出たり、「所属と愛の欲求」「自尊の欲求」

「自己実現の欲求」等が活性化し、感情的に高まることで

その結果、満足感が高まり、生理現象の正常化等が起こります。

 

簡単に言うと、体内正常化や精神的な安定であったり

癒やしのような、体内細胞の活性化が起こります。

 

交感神経や副交感神経の正常化も顕著に現れますので

よく眠れるようになったり、イライラが緩和されたりします。

 

音は圧縮・暗号化されている場合がほとんどですので

耳から取り入れて、脳内で自分の言語に変換して聞いているということです。

 

それを体感するのにとてもよいサンプルですし

Misiaの声は、声質が良いとか言われていますが

 

僕にとっては、膨大な情報が圧縮されて入っている

とてもここちの良い音として認識しています。

 

感情的な起伏(ダイナミズム)が大きく

光と影の陰影が認識しやすいくらい揺れている!

 

この辺は音楽ファンにとっては当たり前な感覚だと思いますが

それを行うには、圧倒的な情報量を宿した宿主(ホスト)が

その音楽を奏でないと出てこないわけです。

 

違う言い方をしますと、情報量とはエネルギー量であり

物事を具現化するためのソース量であるということを

ここでは話しています。

 

美味しいトマトソースを作るには

品質の高い大量のトマトや出汁のもとである

お肉や魚介などが必要になるという事と同じなんです。

 

更に例を上げますと、思考は現実化する!という理論があり

ある意味当たり前のレベルで理解している人も多いと思いますが....

 

X-Familly Officeで教えている内容を引用しますと

行動を起こして、具現化を達成するまでの

脳神経科学的なプロセスを説明しますと

 

触発・影響・反応などにより

→思考→感情→言動→行動→具現

 

というプロセスを経て、物事は具現化します。

 

詳細は以下をご確認下さい。


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

もちろん、上記の四輪駆動が統合されていない場合には

ガタガタいって、高層道路をスムーズに疾走するというより

砂利道や山道をノロノロと走るという具合になりますが...

 

この辺は、人生の性能という部分になってきますので

一筋縄では如何ず、より良い習慣によってのみもたらされる

最重要部分と言っても言い過ぎではないと思うのです。

 

何事も性能・質・量など、大事なことは山程あります。

 

情報伝達においても

  • パブリックスピーキング
  • 内容の充実度やテーマ
  • 判りやすさ
  • スピードや声のトーン
  • 印象など

 

以外に認識していない部分が大事だと思います。

 

話を戻しますと、音に関しては特定のフリクエンシーが

伝達に適しているのは、有名大学の多くの実験データや

 

僕の場合ですと、感覚や印象で分かるようになりましたが

大きな影響力を持つように思います。

 

科学的な話ですと地球内部のコアに近づくと

地動の波長ともいうべきフリクエンシーは88キロヘルツと

測定されているようです。

 

それの6倍にあたる528キロヘルツがヒーリングの世界では

細胞活性化や難病治療に効果が高いことが報告されています。

 

サンプルを以下に貼っておきますのでご確認下さい。

 

 

実際には、人工的な機械音が背景で聞こえているので

どこまで効果を感じられるか?は疑問ですが

 

耳の良い人ならば、このフリクエンシー帯が

多く含まれている音楽があることを認識できるかもしれません。

 

又はこのフリクエンシー帯を隠喩しているフリクエンシー帯として

528キロヘルツの基である88キロヘルツの2倍の168キロヘルツ~等が

含まれている音・音楽です。

 

これらは色々な周波数帯が混ざっているので

分離して計測することは難しいと思いますが

 

感覚的に言うとモーツァルトやサラ・ブライトマン等

その他にも多く存在すると思いますが、該当すると感じています。

 

感覚的に言うと、残る・引きずる・印象が長続きする

違う言い方をしますと、感情が揺れる音・音楽という話です。

 

これらには、情報量が密接に関わってきます。

 

情報はどこから来るのかといいますと

究極的には遺伝子レベルに格納された生の持つ情報なのですが

経験や鍛錬によってもたらされた情報も含まれているため

 

色として置き換えると複雑なレイヤーを幾重にも紡ぎ上げた

それはそれは美しく複雑な姿をしたものと捉えられます。

 

以下はウォッカ(酒)の結晶を電子顕微鏡で見たものですが

イメージとしてはこんな感じといえば良いかもしれません!

 

vodka

 

続く...

 

成功する方法:読書するとiqが高くなる!知性脳とリミッターが外れた本能脳

成功する方法:読書するとiqが高くなる!

をここのところ実験しています!

 

images

※ビジネス界の知性能の巨人、ウォーレン・バフェット氏です!

 

その元になっている考え方は:

 

  • IQが高ければビジネスに限らず人生はうまく行く!
  • お金の教育を元にそれを誰でも出来る方法は?
  • 実際に数千人の人が人生改革に使っているプログラム!

 

それが以下のX-Family Officeというものです!

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

つまり何かと検証しないと今後のためにならないので

色々なことを毎日試しているのですが、その中でも

読書が一番良いという結果になったわけです。

 

ここ数週間何を試していたかと言いますと

 

  • アニメを数百本観る(Naruto、蒼天の拳、ちはやふる、銀魂等)
  • コンピューター将棋をひたすらやり続ける
  • IQアップの速聴プログラムを長時間聞く
  • モーツァルトやカラヤン指揮のクラシック音楽を長時間聞く
  • 主にマズローの本を読み漁る等

 

自宅で出来る事を中心に検証していましたが

やはり本を読むという行動が一番IQが上がるように思います。

※ここで言うIQとは隠喩(メタファー)で、脳全体の能力について

一般用語を当てはめているだけです。

 

もちろん検証結果を見るのは、対人関係や仕事などの

外部的な要因を丁寧に読み解いて分析した結果としてです。

 

そして決定的なのが自分の目によくその徴候が現れるのも

分かり易い分析方法なのですが、色々な鏡で自分の顔を見るときに

そこに写っている目を起点とした自分の印象が詳細を物語っています。

 

そして上記の分析を元に、紙に印刷してある文字を読み続けることで

脳が活性化するということがよく分かりました。

 

脳と五感である目の相互関係が脳の機能を高める!

これは恐らくすでに持っている脳の機能として

長い進化の過程で育まれた生物学的な事として

 

細かく書かれた暗号や文化である文字を読みながら

色々な事を連想したり、自分の知っていることを

 

つなぎあわせたりすることで、脳内の神経系統と

 

それをつなぐシナプスが急速に成長するのだと思います。

もちろん紙をめくったり、紙の質感を指先で感じたり

本を目線にそって持ったり、微妙に角度を変えて見やすく

 

したりすることでも、ハンド・アイ・コーディネーションという

脳内では高度な処理や、筋肉記憶の高度な処理が行われますので

その負荷トレーニングで脳の活性化が促されるのは当然ともいえます。

 

これは学習機能ともいいますし、もっと根源的には

人類が獲得した生き延びるための生存本能だと思われます。

 

知性脳とリミッターが外れた本能脳

例を上げますと、ジャングルの中で道に迷って

そのジャングルを抜け出せないとしますと

遅かれ早かれ猛獣の餌食になるのが関の山です。

 

がぶりと捕食される運命です!

 

そのような状況で

 

方角や安全地帯への道標を見つけるとなると

その場の状況やサインになるものを読み解いて

なんらかの突破口を切り開かなければなりません。

 

これがいわゆる生存のための本能なわけで

長い間生き抜いてきた我々の遺伝子の中に

脳内に使える形で組み込まれている能力です。

 

この生存のための本能が、本を読むときに現れるのですが

本を読むときには安全な場所にいるとは思いますが...

 

細かい字を、文書を読みながら、速読しながら

脳がとても早く活発に動いているのではないでしょうか?

 

この脳の活性化がジャングルで迷っている時と
同様な働きをしている可能性が高いです。

もちろんジャングルで迷っている時には生死がかかっているので

恐怖や不安などに襲われながら死に物狂いで行っているため

IQ自体は下がりまくって、ほとんど知的な意味では機能しないと思いますが

それよりも本能としての脳の働きは、活性化200%の状態だと考えられます。

 

このようなことから、脳の働きには知性的な働きと本能的な働きがあり

相互連携している可能性も十分に考えられるように思うのです。

 

これらが読書の時には、その両方の機能が微妙に活性化され

 

ある意味日常生活での脳のリミッターが外れる時となり

僕の場合には、即効的にも活性化、寝た翌日でも活性化が

顕著となって現れているように思われます。

 

実際、シナプスが神経系と繋がる最短の時間は15分と言われています。

そして睡眠をとって、翌日にシナプスがつながって

脳が活性化するという事は、脳・神経科学の世界では常識のようです。

 

このようなことを考えますと、検証結果が物語っていますし

未だ大衆意識の中では表面化していませんが、十分にあり得る話として記事を書いています。

 

それより何より、実際にスーパーパワーと呼んでも良い程の爽快感や

なんでも見通せるのではないか?と思うような「見通す力」みたいな

神通力が宿った状況になり、やること成すこと一歩も二歩も先んじた感で

自然体なのに、行動のスピードに思考がついていけない感じがします。

 

通常、思考の方が何倍も早く、現実がスローモーションなのが

普通ですが、それが逆転するような体験価値を伴った状態です!

 

もちろん読んでいる本の内容もかなり影響するとは思いますが

ご存じの方もいるマズロー氏の著書の難易度は半端ではないです。

 

読んでいてもほとんど理解できないのではないかと思えるほど

一行の中に膨大な情報がつめ込まれて、ひょっとしたら何年、何十年の

研究の成果や引用した文献及び多くの理論がこれでもかと言わんばかりに

圧縮され、つめ込まれていて、まるで研究論文ですか?って文章が

何百ページも延々と続く感じです。

 

もし実際に比較精査しながら意味合いや価値を一つ一つ検証しながら

エビデンスに照らし合わせて読み進めていたら、内容によっては

1ページで1年かかっても全く不思議ではないと思える内容です。

 

ですので、読んだと言ってもほとんど理解していないとは思いますが

その難易度がリミッターを外して、本能レベルの知能が活性化する!

というのであれば、内容が影響するとも言えます。

 

ひとつ話がそれますが、マズロー氏の文献を読んで一番ためになるのが

自分自身のことや他人の事が段々と理解できるようになることです。

 

そして健康的な人間が本能的に持っている向上心や愛情

社会性や価値観など、人類に共通の多くの望んでいる現実が

そこに存在していると肌で感じられる事です。

 

一般的には、隠蔽され気味であったり、間違って解釈されている

多くの真実が、人間の内面・本能には存在していると理解できます。

 

それが理解ったことで、僕の場合ですと人間に対する視点が

アングルがフィルターが大きく変わってきているのは事実ですし

実際問題、人に対する興味が喚起され、理解度が高まり

どんどん人間好きになってきているという事実です。

 

これが云わば人間性の探求であり
埋もれている真実なのです!

話を戻しますと、脳科学や神経科学の文献に触れますと

知性脳がほぼ使えない状態でも、本能脳は凄い勢いで

機能している事が読み取れます。

 

いわゆる、意識と潜在意識の関係です!

この記事では、知性脳と本能脳の働きという風に表現しています。

 

原始の時代の人間の姿は、恐らく知性と呼べるものは備わっていなかった。

Xファミリーオフィスでも基本的事項として度々話に出てきますが

人間の脳の発達に伴う三層構造の脳というものです。

 

このプログラム詳細は以下のリンクを確認下さい!

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

もともと生命の誕生から気の遠くなるような年月を経て

現在の人類の形になっているので、その痕跡が残っているのは

ある意味当たり前だと思いますし、実際に痕跡が見られます。

 

その三層構造ですが

 

  • 爬虫類脳(脳の核を形成している生命の根源的脳)→マズロー1段目
  • 哺乳類脳(社会性を主に形成している脳)→マズロー2~4段目
  • 人間脳(人間性と言われる部分を司っている脳)→マズロー5段目

 

に分類される理論です!

 

このようにマズローの五段階に照らしわせて見るととてもわかり易いのですが...

 

マズロー欲求五段階

 

例えると、爬虫類の生態を思い出して欲しいのです!

爬虫類はとても生命力が強いですよね?

 

とにかく生理的欲求の権化のように

 

  • 食べては寝る!
  • 生殖と排泄!

 

のような生理的欲求だけを満たしている存在です。

 

reptile

※こんなイメージが思い浮かびます。

 

その他にはあまり何もしていないような存在ですが

原始の人間のもとになっている存在というふうに認識しますと...

 

とにかく強く生きることのみに長けているため

呆れるほどの長い年月を生き延びることに成功した種族です。

 

この爬虫類脳を持った人間も同様に生理的欲求が強く

時には自己破壊に発展するような生理的欲求の追求までしてしまう程

このレベルで充足感を達成していない人間であれば

中途半端に一生続く果てしない欲望の元になっています。

 

ミッドライフ・クライシス(中年期の危機)等も
この影響を受けている可能性がとても高いです!

実際には、生理的欲求が強くないと生き残れないのは道理ですが....

両刃の剣になって悲惨な人生を送っている人も多いのではと思うのです。

 

やり残したこと(精神的飢餓)に対する反応が退行を引き起こしたり

変な悪癖に固執して、知能の発達が阻害されて先に勧めない等...

 

不都合もありますが、この力強く生命力を宿した脳が、爬虫類脳です!

 

この爬虫類脳がある意味力の根源でもありますし

 

人間の一番強い動機の源になっています。

言葉を変えると、生理現象とも言えますし

爬虫類脳の潜在意識と呼んでも良いです。

 

この記事内の言葉ですと本能脳になります。

 

哺乳類脳(社会性能)や人間脳(知性脳)の記述は

どのみちこの爬虫類脳を活性化した後でないと

 

効率的に使える物になりませんし、記述自体膨大なものになりますので

後日の記事をお楽しみ頂けますと喜ばしい限りです。

 

早く知りたい方は、以下のリンクをクリックして

1ヶ月無料トライアルのリスクフリー方式で

確認する事をオススメします!

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

どんよりとした混沌感を打破する!

Iq、知能をアップするには、この爬虫類脳を

コントロールできるようにならないとどうにもなりません。

 

と言いますのは、上記でも記述してる通り

 

この爬虫類脳が力の根源だからです。

ここで一般的にハマりがちな罠が

 

コントロール=抑制

 

といった概念です。

 

実際問題、抑制していても多くの事柄は制御することはできません。

それは制御の中には、抑止という概念もありますが、助長であったり

潜在能力を引き出す増長や調整であったり、存在感を示す威圧であったり

流れや相対の中に存在している力学と考える事がより適切だからです!

 

このように俯瞰しながら詳細を読み解いていく能力が

 

叡智というものの正体です!

 

この力の根源をコントロールして、ブラッシュアップすることで

内なる平和の第一歩が訪れますし、二度とモティベーションが

どうのこうのと考えることもなくなります。

 

常にやる気がある状態なのは、爬虫類脳が活性化しているからです。

 

やる気がある=生理現象(本能脳)が活性化している!

逆にどんよりと混沌感を感じるようならば、爬虫類脳が活性化していない!

と考えると改善のスピードが加速すると思います。

 

と言いますのは、一般的に人間は上ばかり見て

足元が疎かになる傾向がありますので

その状態ですとなかなか前に進んでいるつもりでも...

 

僕の経験ですと、途中途中で後退している事が頻繁にあります。

 

多くの人はこの罠から抜け出せずに
一生が終わってしまうというのが本当のところで

あまり真実を語る記事がないのも、著者が罠にハマり中だからです。

 

なんだかんだ言っても、この記事で紹介しているメカニズムに関することや

成功していて、教えるのが上手い人から、きちんと実践的な成功法則を、

長い時間をかけて丁寧に学んでいない事が致命傷になっていると考えられます。

 

これでは、なかなか成功すると言っても
何年かかっても無理かもしれませんよね?

その方法ですが、Xファミリーオフィスで再三再四教えてくれる

マズロー五段階の底辺を満たせ!お金の教育という内容になります。

 

簡潔には説明できない位の、ボリュームのある内容になりますので

人生レベルで損をしたくない場合には、以下のリンクをクリック!

1ヶ月無料トライアルの内容をリスクフリーで手に入れて下さい!

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

それでは、また(^^)

 

 

お金の教室~益になること益にならないこと~

世の中には益になることと、益にならない事があるように思います。

 

益になることにはその法則を使いこなす深い洞察が含まれており

その事で資産が自然と積み上がるという物質化現象が起きます。

 

逆に益にならないことには、信用残高を減らす作用が働き

知らず知らずのうちに逆境の環境が物質創造されてしまい

そこから這い上がるのは至難の技です。

 

世の中では信用、信頼等、お金と直結する概念があります。

 

その最たるものは、銀行でお金を借りる時に行う

「信用創造」です。

 

信用創造の概念は、長くなりますので簡単に言うと

日本銀行が発行する通貨の事を指す概念です。

 

通貨とは、銀行がお金を貸す時に初めて創造されるもので

何もないのに、日本銀行が勝手にお金を造幣局に依頼して

刷っている訳ではありません。

 

必ず、用途(貸し出す)が明確であり、貸し手にも貸し得るだけの

根拠(勤続何年、資産幾ら)のある使い道(投資、家のローン)等が

認められた場合に、造幣局が刷る事が出来るのです。

 

この場合、その使い道の先は、価値が認められるものでないとなりません。

 

すでに流通している紙幣の場合、その総額は世の中で認められている

「人間の感じる価値観」を基にした、信用に比例する額であるという

事にもなります。

 

そして通貨とは、信用通貨、不換紙幣等と言われており

ある意味信用以外には、なんのリスクヘッジもされていない

信用を元にした、万能な交換券であるという定義になっています。

 

紙幣の価値とは、信用に基づくもので、それ以上でもそれ以下でもなく

信用が失墜した瞬間に、価値の無いものになってしまうリスクと

常に隣合わせで、流通しているものです。

 

ここで話を戻しますと

上記で紙幣は信用であると言う話と同じように

お金は信用に基づいて流通していると言う事で

 

お金=信用ということになり

 

「お金が無いということは、信用がないということ」になります。

「お金があるということは、信用があるということ」になります。

 

すなわち、益になる事とは

「信用を作る」

「信頼残高を高める」

ということになります。

 

じゃ、信頼、信用ってなんなの?

と言う話になるのですが、ここが上記で話した

 

「人間の価値観」に基づくものなんです。

「人間の法則」と言い換えることも出来ます。

 

つまり根拠があるようなないようなグレーな感じのするものです。

 

これが経済の元になっているのですが

学校ではまず習わない部分だと思われます。

 

但し、これは全てに通じているものなので

この部分を習わないと、何一つ成り立たない話で

ベースとしては最重要だと思い記事に致しました。

 

ここで面白い話を一つします!

 

まずはあなた自身を分析して欲しいのですが

普通の暮らしの中で、普通の人と接する時に

 

◎あなたが話をしたいですか?

◎それとも相手の話を聞きたいですか?

 

おそらくほとんどの人は、あなたが話をしたいと思うんですね!

 

人の話はあまり聞きたくないし

あなたが話して愚痴を言ったり、ストレス発散したり

自慢話を面白おかしく話して、人気者になりたい!

社会的重要感を獲得したい!と感じると思います。

 

あなたがあなたがあなたがに終始している訳です。

 

これがいわゆる「人間の法則」なんです!

 

ほぼ誰でもそうだと言える!と思いますし

「お金持ち以外の人」は、ほぼ全員そうなんです。

 

「お金持ち以外の人」と言いましたが

ここがこの話のポイントなんですね。

 

それでは、なぜ「お金持ちの人」は

人の話が聞きたいのでしょうか?

 

逆に言うと人の話を聞く人は

何故お金持ちなんでしょうか?

 

人の話を聞くと益があるからです。

 

その益といいますのは

あなたはあなたの話を聞いてくれる人が大好きですよね?

→自動的に好かれるのを知っているのです。こういう人が商売を行うと直ぐに繁盛店になりますよね?

 

そして、そんな人ならいつも一緒にいて、あなたが一方的に話をしたくないですか?

→自動的に多くの情報を得られることを知っていますし、よく話を聞く人間は、組織の中でもとても信頼されて、直ぐに出世したり可愛がられたりします。

 

ひょっとしたらそんな人であれば誰にでも良い奴として

紹介したり、食事を奢ったり、パートナーや伴侶にしたい

等と感じるのではないでしょうか?

→ビジネスや人脈がどんどん広がりますし、大切な場面や秘密の会合にも招待されたり、キーパーソンとして優遇されたりと、色々益があることを知っているのです。

 

ましてや、多くの職業でも、高額な料金で一方的に話を

聞いてくれる専門家が数多く存在するのを考えますと

人の話を聞くのは至極儲かるし、モテるしという訳です。

 

例:

キャバクラ

癒し系全般

居酒屋

バー

占い

コンサルタント

セールスマン

精神科医

相談士

サポート等....

 

枚挙に暇がありません。

 

それでは、人の話を聞かない人はどうなのでしょう?

 

段々と人から遠ざけられますよね....

誰も紹介してくれないでしょうし....

セールスももう一度会ってくれない可能性が高いですし....

結婚も引き手数多にはならないような気がしますし....

大事な情報も得られないですよね....

 

結局、信用・信頼とは、人間の持っている法則に基づく

相手が感じる価値の裏返しなんです。

 

相手の満足度が高ければより多くの価値を提供していることに

なりますし、そうでない場合は、価値観や信頼残高が下がります。

 

その状況で、時間がある程度経過しますと

物質化現象として現れてきますので

ここが境界線と言っても良いと思うのです。

 

そして、これらを俯瞰しながら

 

◎信頼される!

◎信用を得る!

 

と言う事を主眼にしますと

 

やはり真摯な態度で、人の話をよく聞いて、誠実に対応する!

 

ということが

 

人間の法則に則った「愛のある行為」のような気がしますし

銀行も、経営者も、投資家も、上司も、未来の伴侶も、親友も

 

挙ってあなたのもとに集結するのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

情報ストリームに身を委ねる~あなたを信じる気持ち~

情報化社会に住んでいると多くの情報に

さらされながら生活をする事が当たり前になります。

 

その割には、その情報処理の適切な方法を述べている

情報である文献やSNSの書き込み、教材などを目にすることがありません。

 

不思議な現象だと思うのですが

情報を扱っているメディアをも含めて

情報の扱いにまで思いを馳せていない。

 

恐らく、この現象は未だ創世記である情報化社会の急加速現象に

今まで続いてきた旧来の思考が追いついていないため

現象面において現れていないのかもしれません。

 

情報は昔からあるものです。

 

その最たるものは文献であったり、資料であったり

書籍などはその凝縮されたものと思われますし

映像や音声なども多くの情報が記録されています。

 

これらのものが、普通に生活しているだけでも

数十倍になったのが情報社会化現象だと思いますし

ビジネスや人間関係の多様化も

 

この巨大な渦に巻き込まれているのだと思われます。

 

混沌(カオス)と言うとイメージしやすいかもしれません。

 

ここでカオスの原理について解説しますと

カオスは何かが生まれる時に現れる現象の一つです。

 

人間が受精するときの原理を考えると分かりやすいかもしれません。

 

何億もの精子が卵子に向かって泳いでいき

その旅路の中で色々のドラマが生まれ

生き残った最強の戦士である何匹かの精子の中の

たった一匹の精子が卵子の中に侵入して受精が行われる。

 

宇宙を例に上げますと、ビッグバンの巨大な爆発によって

巨大な渦が生まれ、その拡散したエレメントが時間とともに

沈静化、吸着されることで、星や惑星などが大量に形作られ

星雲や銀河系などのコロニーが顕れています。

 

地球やあなたの誕生もこのカオスの中から

形作られたと言っていいかもしれません。

 

自然の摂理に思いを馳せると、人知を超えた働きがあるのは

比較的受け入れやすいのではないでしょうか?

 

巨大な渦の中から、あなたは生まれた!

 

そんな私達ですが、情報社会化現象に話を戻しますと

これらの情報を如何に沈静化、吸着して、幸せという

星や惑星を構成し、コロニーである家族を生み出すか?

というところがとても大切だと考えています。

 

この考えのもとになっているのは、膨大な情報も自然の摂理における

多くの原子や分子と同じように、エレメントという構成要素の一つだと

思われる事に起因しています。

 

現象界にある全てのものは、物理学的に言うと、情報ですら

周波数をもった原子の集合体ということになります。

 

情報化の渦が起きているのは、もちろんインターネットという

インフラがあって初めて起こり得ることだとは思いますが

何かが生まれる、又は生まれているという現在進行系の

物質化現象であるのは間違いのないところです。

 

それでは、何が生まれているの?という所が興味深いのですが

まだ誰も見たことのない「人類の未来」だと思います。

 

もちろん「人類の未来」には、あなたの幸せや家族の幸せが

直接的に関係する事項であり、国や社会といった体制などにも

大きな影響があるのは、予想しやすいのではないでしょうか?

 

そうしますと旧来の考え方では何をしたらいいの?

 

という事になるか?と思いますが

むしろ何もしない事の方が、より大切な感じはしています。

 

この何もしないと言う事が「人類の未来」なのかな?

という風に考えられますので、詳細をお伝えしますと

 

何もしないというのは、わかりやすく言いますと

「自然体の自分を顕す」という事に繋がっており

人間が本来持っている能力を開放すると言うと

より適切な表現かもしれませんが、端的に言いますと

 

すでに持っているほぼ無限に等しい力を

「拘束しないということです!」

 

エヴァンゲリオンに詳しい方には、分かりやすい例えになりますが

人間は現在色々な拘束帯(都合の良い教育や刷り込み等の拘束着)で

力を制御されていますので、多くの潜在的な力を発揮できないように

設計された環境下で暮らしています。

 

もちろん拘束帯を外すことで、暴走を起こしてしまっては元も子も

ありませんし、そもそも社会生活に必要な安全や秩序を確保する目的で

そうなっている部分が、かなり多いのは周知の事実として捉えていますが

 

すでにこの環境は、意図的か自然の流れ(摂理)かは不明ですが

崩壊に進んでいるというのが情報化社会の革新的な流れと思います。

 

端的な表現では「人間がより自由になっている!」

その分、責任範疇が広がっているということでもあります。

 

こう考えますと、拘束しない=自然体を取り戻すのが先決で

その事で、一つ一つ掻い摘んでは、理解できない程の膨大な情報も

流れのシャワー(ストリーム)のように浴びながら、五感(肌)で

取り込んでいく風に変更する重要度が高まっているのかも知れません?

 

自然の流れに乗るというと分かり易いかも知れませんね!

 

但し、経験あると思いますが、世の中にはノイズが溢れ返っているので

実際に自然体を行うのは、難易度は高いと思いますし

私も出来ていない事が多々ありますが、気をつけているポイントは

 

自分を如何に信頼できるか?

自分の能力をどこまで信じられるか?

 

しかしこれらは一朝一夕には行かないと思いますので
この部分を強化するプログラムやヨガや瞑想、武道等で
内側から変化するといったアプローチで、特に何もして
いないけど、実は変化が促進されていると言うような
スタンスが効率が良いと思いますし、オススメです!

 

 

 

参考説明:

 

しぜん‐たい【自然体】

1 剣道などで、両足をわずかに前後または左右に開き、無理のない形で立った姿勢。
2 気負いのない、自然な態度。
3 柔道で,自然なままで立った基本的な姿勢。右自然体・左自然体がある。
4 身構えたり,先入観をもったりしないあるがままの態度。 「今回の審議には-で臨む」

 

---コトバンクより抜粋---

 

 

 

 

 

 

 

 

静かな心の声~創造の時~

遠くの果てしなく遠い彼方を心座し

とても到達できるとは想っていなかった

彼方の先の永遠と思える心の故郷

 

真実だと感じる小さなことを信じ

小さな灯りを灯し光り輝くまで繰り返し

真実が大きくなっていく生命の波動を感じる

 

手を伸ばせは届くのだと初めて知った

営みを繰り返し昇華する事を初めて知った

 

憎しみが愛に生まれ変わる事を初めて知った

美しい花を咲かせることを初めて知った

 

心が解き放たれ全てと同化すると

凄まじい力が貫くのを初めて知った

 

龍神を感じ循環する凄まじい力が天地を貫き

偽りの殻が剥がれ内部より光が放射する

 

気持ちを一点に閉じ込め力を振り絞ると

反作用を振りきる流れが生まれる

 

初動を超えた時にふっと軽さを感じ

あなたの覚醒の瞬間が訪れる

 

意外さを伴うほどの静かな心の声を聞きながら

包まれている光の渦の中心で創造の時が始まる

 

翼の生えた思考~浄化と再生~

眩しい光で包まれたこの世界は

悠久の時を象徴的に顕す大河がゆっくりと流れ

娑婆の毒や一切の闇を超越し

夜明けの一時、何事もなかったかのように

全てをリセットし、浄化を終えている

 

淀みや後味、引きずってきた業を中和再生し

循環という新しいエネルギーで満たしている

 

心の思うがままに放射状に広がる想像力を

翼の生えた思考で満たす時

そこには見たこともない光景が忽然と顕れ

祝福という大量のエネルギー放射で五感が痺れる

 

歩き始めた時には想像もできなかった世界が

あまりの意外さと共に目の前に広がり始めている

 

遠くから美しい天使の歌声が聞こえる時には

すでに変容は始まっており

違う世界への適応が進み始めている

 

これから愛を軸にした人生の幕開けが始まり

心の闇をひとつまたひとつと浄化する旅が始まるのだ

 

生まれてきた意味があなたの器に降りてきた時

あなたの真の姿が顕れ、摂理と共鳴するだろう

 

関わる全ての事象に暖かさと光りという放射で

包み込んだものは全て再生を迎える時を待っている

 

穏やかに力強く始まった生命は

また新たな穏やかで力強い生命を生み出し

循環を増幅しながら全てを満たしていく...

 

 

 

 

 

 

 

著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト