暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » コンテンツ&翻訳サービス

コンテンツ&翻訳サービス

コンテンツに関してのノレッジを持っているホームページ制作会社は皆無と言っても良いでしょう!

もともとホームページ制作会社のほとんどが、デザイン関連会社から発展したものが多いからです。表層を飾るのはデザイン業であれば当たり前の事ですが、人気を集めるとなるとかなり遠い話になってくるようです。

インターネットでは、既存の顧客に対して継続的で満足度の高い情報発信

すでにインターネットが深く日常に浸透している昨今では、情報発信による包囲網やコンテンツによる人気を高めることが必要不可欠になっています。

 

Facbook等の台頭により、情報を只掲載するホームページはその概念すら古いものとして取り扱われ始め、すでに次のステージに進んでいるのをご存知でしょうか?

次のステージと言いますのは、コンテンツを中心とした、興味を喚起し、人気を得ていく本物のマーケティングを意味します。

本来マーケティングとは、本質的なものやサービスの良さを的確に、届きにくいお客様に対して、満遍なくお届けすることが目的でしたが、その本質を忘れ、成果主義のような不毛な在り方を形成するに至り、お客様の真に欲している楽しさや良さ、信頼関係などへの訴求が正しく行われていない事で、ソーシャル時代に入った現在では、旧来のマーケティングが意味をなさなくなっています。

 

そのため、本来のマーケティングに立ち返る重要性が日に日に増しており、コンテンツを基軸にした、その企業の在り方や商品開発のいきさつなど、消費者にとって、本当に必要としているものやサービスをコンテンツ(文章・グラフィック・動画等)にして、読んでいて興味深い、楽しい、為になる等の不可欠な要素を満たしているものとして提供する必要があるのです!

 

そのコンテンツ自体は、企業や個人の歴史や経緯等でも良いですし、海外の最新の情報を翻訳しながら、日本のマーケットへの活性剤として投入することも重要です。

 

海外マーケットの先進的なアイディアや技術などの詳細な情報提供を顧客や新規顧客をターゲットとして行うことで、企業・個人として大きな価値を提供する事になり、そう言った事を意識しながら、情報発信していく事が、これからの双方向マーケティング(価値の共有)としてとても大切です!

 

  • お客様から奪うのでなく、出来る限り高い価値を提供する
  • それらを必要としている顧客が自然と集まって来る
  • 双方向コミュニケーションとしてのマーケティング

 

これらにより本来の市場価値を生み出していく流れが始まっていますので、流行り廃りなどのとても古い考えは刷新していく必要に迫られている事をご理解頂けると幸いです!