暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » コピーライティング&販促物ツール

コピーライティング&販促物ツール

インターネットメディアの広がりとスモールビジネスの拡大は、 凄まじいものがあり、それのコアがコピーライティングです!

コピーライティングは商品やサービスを的確に伝えるための文章表現

商品説明などの均一的で味気ない文章とは根本的な意味で一線を画しており、その商品やサービス等が根源的に持っているコンテンツとしての魅力や、 感情的な要素、物語性などを引き出していくことでドラマ等を見ている時に感じるような、感情の吟撰に触れながら、深い意味での双方向コミュニケーションを創出するといった作業です!
つまり機能面を伝える事はともかく、その機能の概要や必然性など、作り手でさえ気が付かなかった価値を見出していきながら、それを適切に表現するために、行間にキーワードや思想等の価値を生み出している背景等(源泉)を埋め込んでいき、文章表現として高めていく事で、より伝わるという結果を導いていくという、とてもクリエイティブなプログラム(組み上げられたコンテンツとしての文章)の制作を意味します!

ITマーケティングの肝としては、従来のマスメディアマーケティングの主流であるデザインや映像が良ければ伝わると言う訳ではありません!

ITの世界では、TV文化に代表されるタレントと商品やサービスのコラボレーションで、繰り返し視聴させることで、深層心理にイメージを刷り込んでいくと言った、半ば強制的で大掛かりな仕掛けによる方法論では、辿りつけない心の領域とコミュニケートすることが、最も重要なアプローチになります!
その理由は、インターネットユーザーの多くは、ITリテラシーと言われる、インターネット文化での読み書きが堪能な素養を持った人が圧倒的に多く、TV視聴者との客層が大きく異なることが最大の要因です!
雑誌やTVメディア等に代表される美しいグラフィックや映像といった、メディアライクなアプローチだけでは、付加価値としては説得力がありますが、本質的な意味で「伝わる」と言ったレベルのコミュニケーションには至りません!
つまり心の吟撰に触れるためには、コピーライティングが心に染み渡るものでない限り、顧客のデリケートな内面と向き合うステージにすら立つこともできませんし、ましてや強靭な心の壁を乗り越え、表現として伝わるということもありません!
そこに焦点を当てたサービスが、コピーライティングサービスなのです!

オフラインではどのようにコピーライティングを生かすのか?

ITマーケティングの常識に則って作られたコピーライティングをオフラインで販促物として再利用するには?その場面毎に最適なメディアを選択する必要があります!

そのコピーライティングをグラフィカルに、手にとって見れるようにしたのものが、印刷物やビジネスツールと言われる名刺、カタログ、DM等の昔から使われているものです!

その特性は、歴史的にも多くのビジネスの成功要因となっており、販促物としても日常的に目にしますが、販促物の印刷に関しても、インターネットの影響により、より安価に利用できるようになっているのをご存じない方も多いのではないでしょうか?

そのような、オンラインプリントサービスを利用した印刷物を導入することで、違和感のない、オンラインとオフラインの流れを統一することができます!

通常の印刷物と比べてクオリティも高く、何よりコピーライティングサービスと相性がよくインターネットメディアとの連動や、デザインの流用などの相互互換性が高いために、パッケージ価格で導入できることも、スモールビジネスのビジネス資金を圧迫することなく、スムースに販促・ブランディング・マーケティング活動を支援できるツールとして欠かせない要因です!