暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 文書力で稼ぐ » 売れる広告、売れない広告!

売れる広告、売れない広告!

広告には、イメージ広告とレスポンス広告が
あるのはご存知でしょうか?

 

イメージ広告とは、キレイなモデルさんがにっこりして

文字が少なく、なんとなく企業や商品、サービスのイメージを
広告している、いわゆる、ブランディング広告というものです。

 

レスポンス広告とは、文字が主体で

コピーで訴えかけて、消費者の反応を直接的に促し
行動を誘発するための広告です。

 

一般的には、広告というのはイメージ広告になります。

イメージ広告といいますと、中小企業では、
反応率が殆ど無い広告で、集客というより、
税金対策や社員の生きがいを作るための
広告と言っても良いかもしれません?

 

そのため経済が成長していた時には、
あまり効果がない広告でも良しとされてきましたが、
現代では、減少の一歩を辿っている広告形態になります。

 

特に中小企業は、大企業のように企業名や製品が
すでに認知されている訳ではないので、イメージ広告で
消費者に訴えかけても、商品やサービスが売れる
ということはほぼないと言えます。

 

大企業の場合は、時折イメージ広告を打つことで

すでに市場に浸透しているイメージを呼び起こし、
結果的に商品やサービスの売上が刺激されることがあります。

 

このように、広告はよく考えて打たないと大損するのです。

しかし、中小企業にとっては、集客が出来ないと
存続の危機に至るのは当然のことなので、
やはり、見込み客を何とか集めないと行けませんよね?

 

そこでより直接的に見込み客を集める広告を打つことを

ダイレクトレスポンスマーケティングと呼んでいます。

 

その略してDRMは、見込み客を色々な媒体を通して、
最小限の予算で集めて、商品やサービスのことを理解してもらうことで、

見込み客だった客層に、今すぐ客になってもらう方法です。

 

DRMを効率よく実践するには、商品やサービスに見合った広告枠や

インターネット上での媒体等を見つけないとならないのですが、

最初の内はテストを重ねることが重要なんです。

 

テストを重ねながら、コピーや媒体を工夫することで、
徐々に精度を高め、見込み客に集まって貰う方法なので
すぐに簡単に夢のように儲かるということはないと思います。

 

但し、一旦ツボにハマりだすと継続的に良い顧客が増え続け、
その後もリピーターに育っていくという方法なので
中小企業にとっては、必須のマーケティング手法だと

言えるのではないでしょうか?

 

このDRMの肝になるのがコピーライティングスキルです。

文章を書くというより、お客様のニーズを良く理解することで、

お客様の気持を表し、潜在的に抱えている問題点を解決するための

 

提案、オファーを投げかけることで、Win-Winの関係を築くための

接点を見つけ、その解決策をご提案しています。

 

この辺は重要なマーケティングの概念ですが...

 

その際、誇大広告とは無縁な誠実なスタンスでアプローチするために

可能な限りお客様の本音を多角的にインタビューしたり、リサーチする

事がとても大切になってきます。

 

単なる技術論とは程遠い話なのです。

 

PASONAの法則

但し、コピーを組み立てるための不滅のコピー黄金率が必要です。

 

この黄金率は、神田先生が提唱されているもので、

数々の実績を生み出した奇跡のコピー法則です。

 

以下の様な点を基本にコピーを組み立てていくと、

最も成約率が高くなるなどのコピーライティングの

深遠な流れを生み出す原動力になっているエンジンです。

 

P:Problem(問題点の提起)

A:Agitation(問題点の炙り出し)

SO:Solution(解決策の提示と証拠)

N:Narrow down(限定、緊急、絞込み)

A:Action(行動を促す)

 

 

このようなもっとも重要なエンジン部分と、

その展開部分であるマーケティング及びビジネスモデル

マネージメント、アイディア、モティベーションの創出等が

普遍のビジネスの本質部分になってくると思います。

 

このようなビジネスの深淵に触れる内容がギッシリと詰まった

プログラムの詳細は以下をごらんください。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト