暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 英語力で広がる » 英語の加速学習には「ネイティブスピーク」

英語の加速学習には「ネイティブスピーク」

英語の学習で苦労している人も多いと思いますが、

日本語と英語には多くの違いがあります。

 

文法の違いにも多くのものがあります。

文法の違いとは、価値観の違いと言い換えることも出来ます。

 

何かを相手に伝えるときには、考える順番や、物事の成り立ちの構成や
文章を組み立てるロジック(論理)がそのまま文法になります。

そのため同じ順番で考えないと、

自然にその文法に則ったネイティブ英語が出てくることはないのですが、

日本的な文法に則った英語に一部変えていくことも個性的であり

あなたの話し方を決定すると言う意味では、とても良いと思います。

 

英語に限らないと思いますが、

個性を重視する国々の人が使っているのが英語ですし、

あなたの話し方には、人とは違う価値があることを認めてくれます。

 

英語圏では、変人という意味ではなく、その人固有の感性は、

とても価値が高いことだと認められています。

 

但し、発音に癖があるのはいいのですが、あまりにも違っていて、ブロークンな聞き取れない英語では、言葉として理解できないのが問題になります。

何度も聞き返して、それも理解できないのでは、会話が出来ないので、

ある程度の発音体系はマスターすると便利です。

 

そもそも発音は、ヒアリングが上達してくると、

それを真似ることで発音が上達して、上手に話せるようになりますが、

 

言葉は幼少期に覚えるものなので、成人になると幼少期の頃のように

ただ聞いているだけで劇的に上達するのは、余計に長い時間がかかります。

 

その場合には、発音練習を集中的に行うことで、

脳内記憶としての発音パターン認識が加速しますし、

そこで繋がった神経系統が良い影響を生み出して

 

ヒヤリングが上達したり、文法をブロックとして

認識するようになったりという効果が連鎖的に起き、

短期間に英語が上達する可能性が飛躍的に高まります。

 

私も30年以上英語を学習していますが、

発音集中学習は、英語スキルの底上げ、加速するためには、

ある時期に集中的に行う事をおすすめします。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト