暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 文書力で稼ぐ » 今を生きる~Live your life~

今を生きる~Live your life~

人生において今を生きる事はとても大切です。

 

躊躇することで、簡単に、本当に簡単に機会を

逃してしまうことがあるからです。

 

目の前の現実は過去からの集大成が
形になって現れている世界です。

良い事も悪いこともいろんなことが起きていると思いますが、

一旦受け止めることで、良い流れを手繰り寄せたり、

悪い流れを変えたりすることが出来ると思うのです。

 

自分の経験からも言えることですが、
長い間やりたいと思っていたことを
色々な言い訳を作ってやらないと、
不利な状況に至ってしまいます。
これは徐々に不利になっているのが
わかりにくいので見過ごしてしまうことが多いのですが、
一番失ってはならない情熱の種火が少しずつ小さくなり、
それに呼応するように周りの環境も悪化していきます。

 

経済学的に市場の状況を把握するのと似ていて

周りが少しずつ成長をすると、必然的に自分だけ伸びていない場合には、
不利な状況に追い込まれてしまいます。

 

何か良くないことをしているのではなくて、
何もしていないだけなのに、又は普通に日常を過ごしているだけなのに、
自然と周りの状況に追い込まれていくといった流れが出来てしまうのです。

 

今を生きることの障害要因は幾つか考えられますが、
一番多いものが恐れる、怖がる等だと思われます。

 

怖がるということは、身体的には固まるということなので、
行動原理としては何もしないというのが法則です。

 

そして何もしないと、経済学的には退行しているのと同義なので、
不利な状況に追い込まれてしまいます。

 

資本主義の根本原理に当てはめてみるととてもわかり易いと思うのですが、
現状維持を目指し始めた瞬間から、その会社はほぼ必ず近い将来に破綻を
迎えるのが市場の掟になっており、そのような状況は絶対に避けないと
いけません。

 

草が育つのをイメージしてみてください。

最初は種から細長い目が出て、どの芽も弱々しくほっそりしていますが、
直に太い茎と多くの葉を付けるようになり、成長が遅い芽は周りの草に
囲まれて光を得られないようになります。

 

そしてその結果、成長の源である光合成が行えないで息絶えてしまいます。

 

これが自然のサイクルなのですが、人間の社会も同じように循環を

繰り返し、ビジネスではもっと顕著にこのサイクルが繰り返されて

いるのを実感することが出来ます。

 

このように自然の摂理が「今を生きる」という
ある意味究極の競争力とも言えるものなのですから
この摂理を如何に自分のものとして、

行動心理に組み込んでいくかがとても大事だと思うのです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト