暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » お金と暮らしの実践術 » 女と男の共通点、幸せの定義~人間性の発達~

女と男の共通点、幸せの定義~人間性の発達~

女性と男性の共通点についてよく考えます!

それは、文化的な意味というよりも生物としての興味からです。

 

baby

 

X-PowerやX-Family Officeのプログラムを受けていると

より根源的な部分が理解できるようになってきますので

日常の普通のことから真実を垣間見ることが出来るよう

になってきます。

 

詳細は以下を確認して下さい!

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

例えば、陰陽の考え方が解ると物事の物象的な事の

成り立ちや、白と黒、人間で言うと男と女等の

対比された事実の相対が掴めるようになってきます。

 

もちろん物象だけではなく、目に見えない心理や声

存在感や光と影、真理と虚像、思考や感情等の全般的な相対などです。

 

陰と陽だけだと抽象的かもしれませんが

ズームイン・ズームアウトだともっとイメージし易いかもしれません!

 

例えば、地球を宇宙から見ると丸いブルーの惑星ですが

自分がいるところを見てみると道路や部屋、仕事場かもしれません。

 

こういった視点を大きく変えることにより

全体像をつかむのにとても役立ちます。

 

結局、お金の教育でも、成功する方法でも

陰陽の考え方が基礎になっています。

 

全体像を掴みながら、点の部分の精度を高めるといった

ズームイン・ズームアウトの方法論がとても大切で

これを行うことで、何を行うにも事前に認識を高め

フォーカスポイントをあぶり出す必要があると思うのです。

 

そうしないと実際には物事にフォーカスできませんので

力を点に集中してバンっと撃ちぬくことは難しいです!

 

この振り幅が大きいとより多くの認識が高まる状態ですので

複雑性や多様化などが軽減していき、行動の精度が高まると思うのです。

 

以外かもしれませんが、物事の認識が高まれば高まるほど

そこに見えるものは、無駄が削ぎ落とされてシンプルになっていきます。

 

一般的には、知っているか?知らないか?等と表面的な話を聞くと思いますが

実際には知っていても、認識できていない事柄は山程あります。

 

例を上げますと

 

毎日食べる美味しい料理のことは知っていて

味もよく知っていて、何年も食べ続けているのに.....

 

その材料のことや料理法のことが認識できていなかったり

知っていたとしても、実際に経験がなくて曖昧だったり

認識自体がかなりいい加減な事柄がほとんどではないでしょうか?

 

これらをほんの少しでも認識できるようになることで

物事の見方が大きく変化した経験はありませんか?

 

例えば

 

  • 学校ですごく気になっていた彼女の無駄美人っぷりを街で見かけてしまい、彼女に対するあこがれが実は幻想で、そのことに幻滅してしまったとか...

 

  • ずっとすごく欲しくてたまらない商品を手に入れた瞬間に、今までの興味が半減して、開封もしないで放ってあるとか...

 

  • 健康的なつやつやお肌の美人は、腸内環境が良いのが条件ですので、実は大量の排泄行為を自然と毎日行っているとか...

 

補足になりますが、認識の高い家族内の日常会話をシュミレートしますと:

 

娘:あのお姉さんすごくキレイ!

きっと毎日うんこをいっぱいしてるんだねパパ?

パパ:そうだね!お前も毎日うんこをいっぱいするとキレイになれるよ!

だからキレイになるには規則正しい生活をするのが良いよね?....

となると思うのです。

 

しかし、世の中は大人の事情で価値観の刷り込みだらけなので

本来あるべき姿からはかなり遠く、実際にはそうなっていないのが

認識が高まらない原因であるため、それを外すのがとても大事です。

 

正しい認識が本来の人間性の発達には欠かせないと思うのです!

 

物事の光と影のような部分が認識になってきます。

 

そうしますと、今まで思っていたことが

大きく違っているのに気が付きます。

 

知っているというのは、ある意味知っていないということに....

 

この視点を前提に女と男の共通点を日々見出しているのですが

結論から言いますと、生物学的にはほぼ同じ生物です!

 

その辺を深く話して行きたいと思います。

 

女性性といいますと、子供を育てるという大事な仕事がありますので

やはり愛情が強く、それを原動力に何でも達成するという所があります。

云うなれば、哺乳類脳が発達しやすい条件下に生活する訳ですが....

 

男性性といいますと、生活費をゲット、女性の中に射精する等

女性が行いにくい部分を担うことで、かなりベーシックな部分の

爬虫類脳が発達し易い条件下に住んでいます。

 

これらのベーシックな人間のしくみ等に関しましては

X-Family Officeで詳細を学ぶ事をお薦めします。


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

 

その哺乳類脳(女性性)の発達なのですが

気をつけないとかなり危ない状態に陥る可能性があります。

 

それは哺乳類脳としては、集団の中にいることで

守られて生き残るという戦略ですから

周りの人間にかなり左右されるという側面も同時に存在します。

 

その場合、周りの人間が聡明で理想的な人間関係であれば

自分もすぐに理想的な人間になれるのは間違いないのですが

僕の知る限り理想的な人間関係の中にいる人は少ないと感じています。

 

そのため、ミラーニューロン効果で、抗いたくても抗えないまま

知っていたとしても、自分の希望しない人間に仕上がっていくという

負の連鎖が必ず起こりやすい立場にいるのが女性だと感じています。

 

ファミリーオフィスの分類ですと、一番多い型式(女性の50%~)として

・哺乳類脳>情>五感>今すぐ or 何?タイプに分類される典型例です。

 

爬虫類脳(男性性)の場合ですと

生存のための生命力が強いタイプで、生理現象(H、食う、寝る)に

特化した型式で、いわゆる肉食系男子のタイプになります。

 

補足として、今時の草食系と言われる男子は、哺乳類脳が発達しているため

周りに気を使ったり、安全欲求が強く、決断が苦手な型式になります。

 

爬虫類脳が発達している男子は、生理欲求が強すぎることで

自分の希望している未来というイメージはとても弱く(イメージ出来ない!)

目の前のものが全てという状態に陥りやすいので

資産構築などの長期的な戦略を行うには程遠い所があります。

 

キレイな女性に騙されやすく

預金を簡単に空にされる危険性があります。

 

これらの2つの脳を行ったり来たりすることで、

女性性が強い、男性性が強いという風に分類すると

とても分かりやすい図式が浮かび上がってきます。

 

詳細は、X-Family Officeで詳しく学べますので

価値の高い知識として、一生涯使うことが出来ます。


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

 

肉体的に言いますと

女性器と男性器をよく見比べて、出来ることであれば

医学書などの解剖図解等もよく参照して欲しいのですが...

 

彼女や彼氏でもいいですが、Hな気持ちとともに

進化や変態(トランスフォーメーション)の軌跡を

発見することにも興味を持ってほしいのです。

 

両性器ともに形状や機能性は違うのですが

陰と陽の形状になっているのです。

 

陰の方は中に入れられる形状で、正対象にちょうど中に挿入する男性器を

ひっくり返したような形状になっています。

※男性器及び睾丸を体内に埋め込んだような形状です。

 

性感帯の位置もかなり近くて、Gスポットと言われる位置は

男性器で言うと亀頭の腹側に当たる部分で、一番敏感なところです。

 

実際には、女性器のクリトリスが巨大化したのが男性器と言われていますから

その名残りとしてクリトリスも男性器の亀頭の腹側と同様な性感帯があります。

 

そうしますと女性と男性の違いというより、正確に言うと変態形状が見られ

それを元に性別を分けているという方が適切かもしれません。

※女性、男性という分類は後で決めたということになり、ある意味どうでも良いという感じがします。

 

これらを考えてみますと、女性と男性の共通点ですが

変態した形状の変化は見られますが

脳の発達具合によって、様々なパターンがあるのでは?

 

実は人間は性に関係なく、偏りはありますが哺乳類脳と爬虫類脳の中間で

ざわめいているといった表現が適切なのかもしれません。

 

具体的には女性でも爬虫類脳が発達していて肉食女子のような

男性でも哺乳類脳が発達していて草食男子のような振る舞いを

脳(心理)の発達に応じてしているだけの事だと思うのです。

 

 

それを細かく話していくこともできますが

本来の発達心理学では、どのように心理が発達していて

 

その先にどのような発達が見込まれているか?

が一番重要です。

 

上記の例はあくまで過程であり、本来の人間性が

100%現れている状態ではないと言うところです。

 

ズームアウトして見てみると、人間脳(心理)の可能性は壮大で

心理の段階を積み上げて発達させていくと次々と新たな可能性が顕れ

 

両性ともに、全ての人間が持っている本来の人間性(向上心、愛情等)

というものがあり、それ故に人間が発展してきましたし

更に発展する気配を見せています。

 

それが、人間脳(心理)の発達というところだと思います。

 

人間脳は、ほぼどの動物にも見られない程高度な脳のようで

長期的な視野というと分かりやすい表現かもしれません。

※脳の一番外側を覆っている薄い膜構造の脳

 

冬眠する動物達には若干この傾向は見られますが

一冬だけの準備や展望ですので、生存本能が拡張して

遺伝子に組み込まれた野生の一部とも考えることが出来ます。

 

又はこの野生の一部だったものが拡張機能として

短期間に異常に発達したのが、人間脳の構造を

顕著に物語っているのかもしれません!

 

人間のように何年先のことや行ったことのない所をイメージして

それのための準備をしたり、コツコツと積み上げていったりすることは

通常の動物では、おそらく脳の構造上出来ないのだと考えられます。

 

それ故にそれらの動物は、心理もとても原始的なものであるとも想像できます。

 

これらの事柄は、実は成功(自己実現)や豊かな人生を生きるために

一番重要なので、大事なことを理解していないことで人生を棒に振る

ようなまねはして欲しくないと思っています!

 

詳細は、X-Family Officeで詳しく学べますので

一生ものの知識と認識を培って見ると良いかも知れません!


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

それではまた(^^)

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト