暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » お金と暮らしの実践術 » お金の教室~益になること益にならないこと~

お金の教室~益になること益にならないこと~

世の中には益になることと、益にならない事があるように思います。

 

益になることにはその法則を使いこなす深い洞察が含まれており

その事で資産が自然と積み上がるという物質化現象が起きます。

 

逆に益にならないことには、信用残高を減らす作用が働き

知らず知らずのうちに逆境の環境が物質創造されてしまい

そこから這い上がるのは至難の技です。

 

世の中では信用、信頼等、お金と直結する概念があります。

 

その最たるものは、銀行でお金を借りる時に行う

「信用創造」です。

 

信用創造の概念は、長くなりますので簡単に言うと

日本銀行が発行する通貨の事を指す概念です。

 

通貨とは、銀行がお金を貸す時に初めて創造されるもので

何もないのに、日本銀行が勝手にお金を造幣局に依頼して

刷っている訳ではありません。

 

必ず、用途(貸し出す)が明確であり、貸し手にも貸し得るだけの

根拠(勤続何年、資産幾ら)のある使い道(投資、家のローン)等が

認められた場合に、造幣局が刷る事が出来るのです。

 

この場合、その使い道の先は、価値が認められるものでないとなりません。

 

すでに流通している紙幣の場合、その総額は世の中で認められている

「人間の感じる価値観」を基にした、信用に比例する額であるという

事にもなります。

 

そして通貨とは、信用通貨、不換紙幣等と言われており

ある意味信用以外には、なんのリスクヘッジもされていない

信用を元にした、万能な交換券であるという定義になっています。

 

紙幣の価値とは、信用に基づくもので、それ以上でもそれ以下でもなく

信用が失墜した瞬間に、価値の無いものになってしまうリスクと

常に隣合わせで、流通しているものです。

 

ここで話を戻しますと

上記で紙幣は信用であると言う話と同じように

お金は信用に基づいて流通していると言う事で

 

お金=信用ということになり

 

「お金が無いということは、信用がないということ」になります。

「お金があるということは、信用があるということ」になります。

 

すなわち、益になる事とは

「信用を作る」

「信頼残高を高める」

ということになります。

 

じゃ、信頼、信用ってなんなの?

と言う話になるのですが、ここが上記で話した

 

「人間の価値観」に基づくものなんです。

「人間の法則」と言い換えることも出来ます。

 

つまり根拠があるようなないようなグレーな感じのするものです。

 

これが経済の元になっているのですが

学校ではまず習わない部分だと思われます。

 

但し、これは全てに通じているものなので

この部分を習わないと、何一つ成り立たない話で

ベースとしては最重要だと思い記事に致しました。

 

ここで面白い話を一つします!

 

まずはあなた自身を分析して欲しいのですが

普通の暮らしの中で、普通の人と接する時に

 

◎あなたが話をしたいですか?

◎それとも相手の話を聞きたいですか?

 

おそらくほとんどの人は、あなたが話をしたいと思うんですね!

 

人の話はあまり聞きたくないし

あなたが話して愚痴を言ったり、ストレス発散したり

自慢話を面白おかしく話して、人気者になりたい!

社会的重要感を獲得したい!と感じると思います。

 

あなたがあなたがあなたがに終始している訳です。

 

これがいわゆる「人間の法則」なんです!

 

ほぼ誰でもそうだと言える!と思いますし

「お金持ち以外の人」は、ほぼ全員そうなんです。

 

「お金持ち以外の人」と言いましたが

ここがこの話のポイントなんですね。

 

それでは、なぜ「お金持ちの人」は

人の話が聞きたいのでしょうか?

 

逆に言うと人の話を聞く人は

何故お金持ちなんでしょうか?

 

人の話を聞くと益があるからです。

 

その益といいますのは

あなたはあなたの話を聞いてくれる人が大好きですよね?

→自動的に好かれるのを知っているのです。こういう人が商売を行うと直ぐに繁盛店になりますよね?

 

そして、そんな人ならいつも一緒にいて、あなたが一方的に話をしたくないですか?

→自動的に多くの情報を得られることを知っていますし、よく話を聞く人間は、組織の中でもとても信頼されて、直ぐに出世したり可愛がられたりします。

 

ひょっとしたらそんな人であれば誰にでも良い奴として

紹介したり、食事を奢ったり、パートナーや伴侶にしたい

等と感じるのではないでしょうか?

→ビジネスや人脈がどんどん広がりますし、大切な場面や秘密の会合にも招待されたり、キーパーソンとして優遇されたりと、色々益があることを知っているのです。

 

ましてや、多くの職業でも、高額な料金で一方的に話を

聞いてくれる専門家が数多く存在するのを考えますと

人の話を聞くのは至極儲かるし、モテるしという訳です。

 

例:

キャバクラ

癒し系全般

居酒屋

バー

占い

コンサルタント

セールスマン

精神科医

相談士

サポート等....

 

枚挙に暇がありません。

 

それでは、人の話を聞かない人はどうなのでしょう?

 

段々と人から遠ざけられますよね....

誰も紹介してくれないでしょうし....

セールスももう一度会ってくれない可能性が高いですし....

結婚も引き手数多にはならないような気がしますし....

大事な情報も得られないですよね....

 

結局、信用・信頼とは、人間の持っている法則に基づく

相手が感じる価値の裏返しなんです。

 

相手の満足度が高ければより多くの価値を提供していることに

なりますし、そうでない場合は、価値観や信頼残高が下がります。

 

その状況で、時間がある程度経過しますと

物質化現象として現れてきますので

ここが境界線と言っても良いと思うのです。

 

そして、これらを俯瞰しながら

 

◎信頼される!

◎信用を得る!

 

と言う事を主眼にしますと

 

やはり真摯な態度で、人の話をよく聞いて、誠実に対応する!

 

ということが

 

人間の法則に則った「愛のある行為」のような気がしますし

銀行も、経営者も、投資家も、上司も、未来の伴侶も、親友も

 

挙ってあなたのもとに集結するのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト