ホーム

神話の法則「胸キュンキャラと同化」発明発見の序詞

神話の法則「胸キュンキャラと同化」発明発見の序詞

というタイトルで話を進めていきたいと思います。

 

eureka

 

キャラクターの設定といいますと

多くの考え方があってしかるべきと思いますが....

 

ある意味王道不滅のキャラ設定といいますと

やはり活躍するけど等身大というのが

 

一番感動的でもあり、身近に感じられ

感情を揺さぶるのではないでしょうか?

 

例を上げますとエヴァの綾波レイや

エウレカセブンのエウレカ等が該当します。

※準主役的な展開も複雑さを増幅させています。

 

純粋さとスーパーヒーローが同時に宿りながらも

日常での等身大の人間としての葛藤も同時に内在することで

甘みも辛味も持った奥深い味わいがそこに醸し出されます。

 

これらの要素を満遍なく持ったキャラでないと

なかなか根源的な意味での感情が激しく揺れる

という境地にはなかなか達せないと思うのです。

 

これらの抽出したマトリックス、システムと呼んでも良い

コンフィギュレーション(構成要素)をレイアウト(縦横奥に並べる)

していくと、その実像に迫ることが出来るように感じています。

 

エウレカセブンのカットバックドロップターンに代表される

物語のエッジの立て方ですが、流れのフックを潜在意識に

 

アンカリング(埋め込む)する事で、何かが起こるたびに

背景にその情景が映し出されて、場面や展開に対しての心理誘導が起こります。

 

この辺を技術的に捉えていくとつまらないことになってしまうのですが...

 

人類の進化しながら獲得してきた各種機能としての心理的な現象として捉えると

人間性の探求という意味において、とても価値のある発見が見出されていくと確信しています。

 

詳細は、エックスファミリーオフィスで学ぶことをお薦めします。

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

 

そもそも人間にとっての人生とは物語の完結に向けての

序詞であるというところに帰結します。

 

人生そのものが物語と言っても過言ではないですし

その物語をどのように構成していくことが

 

望んでいる現実を生きていくか?に要約されますので

成功を達成するということは、すなわち物語のピーク場面を

創造するということにつながってくるわけです。

 

もちろん人生ですから、流れの中に存在するという

前提からいうと完結することはないわけですが...

 

もし死んだとしても

 

その物語は語り継がれるという経緯で、作話の中に

記憶の中に、印象の中に、教えの中に生き続けることになるわけです。

 

これが物理法則である「エネルギー保存の法則」と

一致した経緯を辿ることになるのです。

 

詳細はウィキペディアを参照下さい!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

 

思考はエネルギーであるという認識はとても大事な真実です!

 

そしてそれらには質も量もあり

その状態によって様々な状態に移行します。

 

例えば

  • 成功の状態
  • 失敗の状態
  • 又はその中間の状態等...

 

人間性の探求を行っていると多くのことが浮かび上がってくるのですが

その中でも印象的なのが人間はストーリーに感情移入する事がとても好きで

 

エンターテインメントの多くが

それをより感動的に描いたものが名作とされることからも

 

人間性(人生)とはストーリー形式であり

 

  • 過去(記憶及び作話)
  • 現在(各種フィルターによって見えている世界)
  • 未来(未知の領域への希望)

 

という構成になっています。

 

これらの事柄は、マズローの人間性の心理学でも語られている

底辺の欲望を順番に達成して行くことで

 

次か次からより高い次元の欲望が現れ、それらが強い欲望となり

人生のストーリー性の密度や意義などを濃密な段階へと押し上げてくれる。

 

そんな生き方を行うのが

人間性であるという結論に達するものであると思うのです。

 

このように、人生(物語)は時間という概念の上にのみ成り立つ定義なため

3次元の考え方では理解すること自体が困難なものです。

 

時間という概念は次元で言うと4次元になりますので

4次元で物事を捉えることがとても重要になってきます。

 

4次元の詳細はウィキペディアを参照

https://ja.wikipedia.org/wiki/4%E6%AC%A1%E5%85%83

 

例えば、セックスしたい時に

 

  • いつやりたくなったんだろう?
  • どれくらいしたいのかな?
  • した後はどうなるんだろう?

 

と同時に考えることで、線・面・立体・時間のように

4次元的にシュミレートして流れが把握できるはずです。

 

それを前提に「胸キュンキャラと同化」を考えてみますと

自分の人生を物語ることで、キャラの設定ができるようになる訳ですから

ここに「望んでいる現実」創出のチャンスが生まれると思うのです。

 

 

ここに、四季のような、はんなりとした

移り変わりがあるんだと認識できるようになれば

Hした後は、そんなに性的に求めることもないよね!...と。

 

背中向けて寝ちゃったりとか...

 

 

そうしますと、人生のキャラ設定として等身大の自分で

いろんな事が認識できた自分を全面に押し出して

 

時間を味方に付け、有利な状況を作り出し

少しずつ時間をかけて流れを手繰り寄せながら

自分の希望通りの現実を、流れの中で一つ一つ着実に実現していく!

 

つまり流れをコントロール出来るようになり

コントロールできる領域を拡大すること!

 

そこに大きな感動的な物語創出のチャンスが

隠喩されているということが即ち発見であり

 

その要素を発達させていくと発明になるんだ....と。

 

詳細は、エックスファミリーオフィスに学ぶことをお薦めします。

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

それではまた(^^)

女と男の共通点、幸せの定義~人間性の発達~

女性と男性の共通点についてよく考えます!

それは、文化的な意味というよりも生物としての興味からです。

 

baby

 

X-PowerやX-Family Officeのプログラムを受けていると

より根源的な部分が理解できるようになってきますので

日常の普通のことから真実を垣間見ることが出来るよう

になってきます。

 

詳細は以下を確認して下さい!

https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

例えば、陰陽の考え方が解ると物事の物象的な事の

成り立ちや、白と黒、人間で言うと男と女等の

対比された事実の相対が掴めるようになってきます。

 

もちろん物象だけではなく、目に見えない心理や声

存在感や光と影、真理と虚像、思考や感情等の全般的な相対などです。

 

陰と陽だけだと抽象的かもしれませんが

ズームイン・ズームアウトだともっとイメージし易いかもしれません!

 

例えば、地球を宇宙から見ると丸いブルーの惑星ですが

自分がいるところを見てみると道路や部屋、仕事場かもしれません。

 

こういった視点を大きく変えることにより

全体像をつかむのにとても役立ちます。

 

結局、お金の教育でも、成功する方法でも

陰陽の考え方が基礎になっています。

 

全体像を掴みながら、点の部分の精度を高めるといった

ズームイン・ズームアウトの方法論がとても大切で

これを行うことで、何を行うにも事前に認識を高め

フォーカスポイントをあぶり出す必要があると思うのです。

 

そうしないと実際には物事にフォーカスできませんので

力を点に集中してバンっと撃ちぬくことは難しいです!

 

この振り幅が大きいとより多くの認識が高まる状態ですので

複雑性や多様化などが軽減していき、行動の精度が高まると思うのです。

 

以外かもしれませんが、物事の認識が高まれば高まるほど

そこに見えるものは、無駄が削ぎ落とされてシンプルになっていきます。

 

一般的には、知っているか?知らないか?等と表面的な話を聞くと思いますが

実際には知っていても、認識できていない事柄は山程あります。

 

例を上げますと

 

毎日食べる美味しい料理のことは知っていて

味もよく知っていて、何年も食べ続けているのに.....

 

その材料のことや料理法のことが認識できていなかったり

知っていたとしても、実際に経験がなくて曖昧だったり

認識自体がかなりいい加減な事柄がほとんどではないでしょうか?

 

これらをほんの少しでも認識できるようになることで

物事の見方が大きく変化した経験はありませんか?

 

例えば

 

  • 学校ですごく気になっていた彼女の無駄美人っぷりを街で見かけてしまい、彼女に対するあこがれが実は幻想で、そのことに幻滅してしまったとか...

 

  • ずっとすごく欲しくてたまらない商品を手に入れた瞬間に、今までの興味が半減して、開封もしないで放ってあるとか...

 

  • 健康的なつやつやお肌の美人は、腸内環境が良いのが条件ですので、実は大量の排泄行為を自然と毎日行っているとか...

 

補足になりますが、認識の高い家族内の日常会話をシュミレートしますと:

 

娘:あのお姉さんすごくキレイ!

きっと毎日うんこをいっぱいしてるんだねパパ?

パパ:そうだね!お前も毎日うんこをいっぱいするとキレイになれるよ!

だからキレイになるには規則正しい生活をするのが良いよね?....

となると思うのです。

 

しかし、世の中は大人の事情で価値観の刷り込みだらけなので

本来あるべき姿からはかなり遠く、実際にはそうなっていないのが

認識が高まらない原因であるため、それを外すのがとても大事です。

 

正しい認識が本来の人間性の発達には欠かせないと思うのです!

 

物事の光と影のような部分が認識になってきます。

 

そうしますと、今まで思っていたことが

大きく違っているのに気が付きます。

 

知っているというのは、ある意味知っていないということに....

 

この視点を前提に女と男の共通点を日々見出しているのですが

結論から言いますと、生物学的にはほぼ同じ生物です!

 

その辺を深く話して行きたいと思います。

 

女性性といいますと、子供を育てるという大事な仕事がありますので

やはり愛情が強く、それを原動力に何でも達成するという所があります。

云うなれば、哺乳類脳が発達しやすい条件下に生活する訳ですが....

 

男性性といいますと、生活費をゲット、女性の中に射精する等

女性が行いにくい部分を担うことで、かなりベーシックな部分の

爬虫類脳が発達し易い条件下に住んでいます。

 

これらのベーシックな人間のしくみ等に関しましては

X-Family Officeで詳細を学ぶ事をお薦めします。


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

 

その哺乳類脳(女性性)の発達なのですが

気をつけないとかなり危ない状態に陥る可能性があります。

 

それは哺乳類脳としては、集団の中にいることで

守られて生き残るという戦略ですから

周りの人間にかなり左右されるという側面も同時に存在します。

 

その場合、周りの人間が聡明で理想的な人間関係であれば

自分もすぐに理想的な人間になれるのは間違いないのですが

僕の知る限り理想的な人間関係の中にいる人は少ないと感じています。

 

そのため、ミラーニューロン効果で、抗いたくても抗えないまま

知っていたとしても、自分の希望しない人間に仕上がっていくという

負の連鎖が必ず起こりやすい立場にいるのが女性だと感じています。

 

ファミリーオフィスの分類ですと、一番多い型式(女性の50%~)として

・哺乳類脳>情>五感>今すぐ or 何?タイプに分類される典型例です。

 

爬虫類脳(男性性)の場合ですと

生存のための生命力が強いタイプで、生理現象(H、食う、寝る)に

特化した型式で、いわゆる肉食系男子のタイプになります。

 

補足として、今時の草食系と言われる男子は、哺乳類脳が発達しているため

周りに気を使ったり、安全欲求が強く、決断が苦手な型式になります。

 

爬虫類脳が発達している男子は、生理欲求が強すぎることで

自分の希望している未来というイメージはとても弱く(イメージ出来ない!)

目の前のものが全てという状態に陥りやすいので

資産構築などの長期的な戦略を行うには程遠い所があります。

 

キレイな女性に騙されやすく

預金を簡単に空にされる危険性があります。

 

これらの2つの脳を行ったり来たりすることで、

女性性が強い、男性性が強いという風に分類すると

とても分かりやすい図式が浮かび上がってきます。

 

詳細は、X-Family Officeで詳しく学べますので

価値の高い知識として、一生涯使うことが出来ます。


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

 

肉体的に言いますと

女性器と男性器をよく見比べて、出来ることであれば

医学書などの解剖図解等もよく参照して欲しいのですが...

 

彼女や彼氏でもいいですが、Hな気持ちとともに

進化や変態(トランスフォーメーション)の軌跡を

発見することにも興味を持ってほしいのです。

 

両性器ともに形状や機能性は違うのですが

陰と陽の形状になっているのです。

 

陰の方は中に入れられる形状で、正対象にちょうど中に挿入する男性器を

ひっくり返したような形状になっています。

※男性器及び睾丸を体内に埋め込んだような形状です。

 

性感帯の位置もかなり近くて、Gスポットと言われる位置は

男性器で言うと亀頭の腹側に当たる部分で、一番敏感なところです。

 

実際には、女性器のクリトリスが巨大化したのが男性器と言われていますから

その名残りとしてクリトリスも男性器の亀頭の腹側と同様な性感帯があります。

 

そうしますと女性と男性の違いというより、正確に言うと変態形状が見られ

それを元に性別を分けているという方が適切かもしれません。

※女性、男性という分類は後で決めたということになり、ある意味どうでも良いという感じがします。

 

これらを考えてみますと、女性と男性の共通点ですが

変態した形状の変化は見られますが

脳の発達具合によって、様々なパターンがあるのでは?

 

実は人間は性に関係なく、偏りはありますが哺乳類脳と爬虫類脳の中間で

ざわめいているといった表現が適切なのかもしれません。

 

具体的には女性でも爬虫類脳が発達していて肉食女子のような

男性でも哺乳類脳が発達していて草食男子のような振る舞いを

脳(心理)の発達に応じてしているだけの事だと思うのです。

 

 

それを細かく話していくこともできますが

本来の発達心理学では、どのように心理が発達していて

 

その先にどのような発達が見込まれているか?

が一番重要です。

 

上記の例はあくまで過程であり、本来の人間性が

100%現れている状態ではないと言うところです。

 

ズームアウトして見てみると、人間脳(心理)の可能性は壮大で

心理の段階を積み上げて発達させていくと次々と新たな可能性が顕れ

 

両性ともに、全ての人間が持っている本来の人間性(向上心、愛情等)

というものがあり、それ故に人間が発展してきましたし

更に発展する気配を見せています。

 

それが、人間脳(心理)の発達というところだと思います。

 

人間脳は、ほぼどの動物にも見られない程高度な脳のようで

長期的な視野というと分かりやすい表現かもしれません。

※脳の一番外側を覆っている薄い膜構造の脳

 

冬眠する動物達には若干この傾向は見られますが

一冬だけの準備や展望ですので、生存本能が拡張して

遺伝子に組み込まれた野生の一部とも考えることが出来ます。

 

又はこの野生の一部だったものが拡張機能として

短期間に異常に発達したのが、人間脳の構造を

顕著に物語っているのかもしれません!

 

人間のように何年先のことや行ったことのない所をイメージして

それのための準備をしたり、コツコツと積み上げていったりすることは

通常の動物では、おそらく脳の構造上出来ないのだと考えられます。

 

それ故にそれらの動物は、心理もとても原始的なものであるとも想像できます。

 

これらの事柄は、実は成功(自己実現)や豊かな人生を生きるために

一番重要なので、大事なことを理解していないことで人生を棒に振る

ようなまねはして欲しくないと思っています!

 

詳細は、X-Family Officeで詳しく学べますので

一生ものの知識と認識を培って見ると良いかも知れません!


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

それではまた(^^)

Misia「オルフェンズの涙」お気に入りの音楽とともに

この音楽は、ガンダムの「鉄血のオルフェンズ」という

面白いアニメのエンディングソングになっている曲ですが

なんでわざわざ記事に取り上げているかといいますと?

 

情報伝達の話がしたかった訳です。

 

何の話?と思われるかもしれませんが、ミュージシャンの端くれとして

音の持つ情報価値については、かなりのレベルで理解していると思っていますし

その音の持つ心理学的な効果や、声の持つ情報量や影響力などについて

とても興味深い内容をシェアしようと思っています。

 

まず最初に、僕の好きな音楽はほぼ間違いなく

圧倒的な情報量を持っている音楽ということです。

 

この辺はなんとなく誰でも理解していると思うのですが

明確な基準ではあまり話されることが少ない話題でもあります。

 

実際どうなのよ?

 

と言いますと、良い音楽や音声と言われるものには

ほぼ間違いなく圧倒的な情報量が圧縮してつめ込まれています。

 

それを耳で聞きながらデコードという圧縮を脳内で解いて

ブワッと膨らましている感じなんです。

 

マイクロウェーブポップコーンが頭のなかで

ブワッと広がる感じというと分かりやすいかもしれません。

 

この量が多ければ多いほど、質が高ければ高いほど

ドーパミンが出たり、「所属と愛の欲求」「自尊の欲求」

「自己実現の欲求」等が活性化し、感情的に高まることで

その結果、満足感が高まり、生理現象の正常化等が起こります。

 

簡単に言うと、体内正常化や精神的な安定であったり

癒やしのような、体内細胞の活性化が起こります。

 

交感神経や副交感神経の正常化も顕著に現れますので

よく眠れるようになったり、イライラが緩和されたりします。

 

音は圧縮・暗号化されている場合がほとんどですので

耳から取り入れて、脳内で自分の言語に変換して聞いているということです。

 

それを体感するのにとてもよいサンプルですし

Misiaの声は、声質が良いとか言われていますが

 

僕にとっては、膨大な情報が圧縮されて入っている

とてもここちの良い音として認識しています。

 

感情的な起伏(ダイナミズム)が大きく

光と影の陰影が認識しやすいくらい揺れている!

 

この辺は音楽ファンにとっては当たり前な感覚だと思いますが

それを行うには、圧倒的な情報量を宿した宿主(ホスト)が

その音楽を奏でないと出てこないわけです。

 

違う言い方をしますと、情報量とはエネルギー量であり

物事を具現化するためのソース量であるということを

ここでは話しています。

 

美味しいトマトソースを作るには

品質の高い大量のトマトや出汁のもとである

お肉や魚介などが必要になるという事と同じなんです。

 

更に例を上げますと、思考は現実化する!という理論があり

ある意味当たり前のレベルで理解している人も多いと思いますが....

 

X-Familly Officeで教えている内容を引用しますと

行動を起こして、具現化を達成するまでの

脳神経科学的なプロセスを説明しますと

 

触発・影響・反応などにより

→思考→感情→言動→行動→具現

 

というプロセスを経て、物事は具現化します。

 

詳細は以下をご確認下さい。


https://www.naturalsuccess.jp/xfamilyoffice/

 

もちろん、上記の四輪駆動が統合されていない場合には

ガタガタいって、高層道路をスムーズに疾走するというより

砂利道や山道をノロノロと走るという具合になりますが...

 

この辺は、人生の性能という部分になってきますので

一筋縄では如何ず、より良い習慣によってのみもたらされる

最重要部分と言っても言い過ぎではないと思うのです。

 

何事も性能・質・量など、大事なことは山程あります。

 

情報伝達においても

  • パブリックスピーキング
  • 内容の充実度やテーマ
  • 判りやすさ
  • スピードや声のトーン
  • 印象など

 

以外に認識していない部分が大事だと思います。

 

話を戻しますと、音に関しては特定のフリクエンシーが

伝達に適しているのは、有名大学の多くの実験データや

 

僕の場合ですと、感覚や印象で分かるようになりましたが

大きな影響力を持つように思います。

 

科学的な話ですと地球内部のコアに近づくと

地動の波長ともいうべきフリクエンシーは88キロヘルツと

測定されているようです。

 

それの6倍にあたる528キロヘルツがヒーリングの世界では

細胞活性化や難病治療に効果が高いことが報告されています。

 

サンプルを以下に貼っておきますのでご確認下さい。

 

 

実際には、人工的な機械音が背景で聞こえているので

どこまで効果を感じられるか?は疑問ですが

 

耳の良い人ならば、このフリクエンシー帯が

多く含まれている音楽があることを認識できるかもしれません。

 

又はこのフリクエンシー帯を隠喩しているフリクエンシー帯として

528キロヘルツの基である88キロヘルツの2倍の168キロヘルツ~等が

含まれている音・音楽です。

 

これらは色々な周波数帯が混ざっているので

分離して計測することは難しいと思いますが

 

感覚的に言うとモーツァルトやサラ・ブライトマン等

その他にも多く存在すると思いますが、該当すると感じています。

 

感覚的に言うと、残る・引きずる・印象が長続きする

違う言い方をしますと、感情が揺れる音・音楽という話です。

 

これらには、情報量が密接に関わってきます。

 

情報はどこから来るのかといいますと

究極的には遺伝子レベルに格納された生の持つ情報なのですが

経験や鍛錬によってもたらされた情報も含まれているため

 

色として置き換えると複雑なレイヤーを幾重にも紡ぎ上げた

それはそれは美しく複雑な姿をしたものと捉えられます。

 

以下はウォッカ(酒)の結晶を電子顕微鏡で見たものですが

イメージとしてはこんな感じといえば良いかもしれません!

 

vodka

 

続く...

 

著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト