暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 著者の紹介「システムの本質」

著者の紹介「システムの本質」

こんにちは!

 

暮らしの研究家・アドバイザーのヤナちゃん(ニックネームで登場)です。

 

  • 情報システム研究家
  • デザインシステム研究家
  • 音響・音楽システム研究家
  • 脳神経科学に関連する発達心理学研究家
  • 食飲料品に関連する健康科学研究家

 

等多くの顔を持ちます。

 

仕事は、ITコンサルタントとエンジニア・デザイナーをしていますので

物事を全体像として把握しながら、同時に細分化を行い

一つ一つの物象の問題解決をするのがとても得意です。

 

そのスキルを使って、何故暮らしの研究をしているのかといいますと?

 

暮らしには多くの要素が含まれていますので

全体のバランスやクオリティの統合により

やっとこさ「幸せといえる状態」に至ることができる!

 

そのような研究結果が出続けています!

 

もちろん可能性を増やしながら維持していくというのも重要ですし

目の前の安全を確保しながら、更なる飛躍の種を蒔いていき

 

いずれ大きな収穫に恵まれるといった過程を大事にすることが

ある程度の長丁場(人生100年)での展開を視野に入れた戦略として

おすすめできます。

 

実際、ほんの少ししか話をしていないにもかかわらず

このように広がりを見せる事柄が即ち「暮らし(人生・ライフ)」と

 

定義されますので、それの彩りを施し、深みを増しながら

目に見える世界と目に見えないけど影響力を持った世界の統合

 

一般的には「バランス」や「コントロール」

「エンハンスメント」「最適化」等と言われる事柄ですが...

 

アドレナリンをいくら出しまくったところで到達できるレベルの境地では

ありませんので、身体と精神の整合性を高めながら、一つ一つ磨いていく

 

それによって、相乗効果を高めることで、まるでそうであったかの如く

まるで自然の叡智が働くかの如くに、静かに、気がついたらその場が創出され

 

システムとして脈々と流れ始めるといった物語に変化していくのです。

 

最初は、ちょっと複雑に感じるかもしれませんが

システムの本質を言葉に直すとこのような文面になります。

 

それでは、記事をお楽しみ下さい!

 

著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト