暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 健康のチカラ » マズロー五段階、10時間寝て欲求を満たすと幸せになる!

マズロー五段階、10時間寝て欲求を満たすと幸せになる!

マズロー五段階、10時間寝て欲求を満たすと幸せになる!

なんてタイトルで執筆を行っていきたいと思います。

 

僕の場合、トイレしてるといきなり多くの考えが

数秒おきに頭の中を駆け巡り、そのどれもがとても重要なトピックなので

素早く書き留めることもできなくて、とても困っているのですが

 

本日は数個の議題がまだ頭に残っているので

同時に数個のトピックを執筆していきたいと思います。

 

最近は睡眠障害が頻繁に起こって、日中眠くなったり

集中力が途切れたりする事が多いので

改善するために幾つかの事にトライしています。

 

  • その一つが寝る前に服用する天然素材のサプリです。
  • もう一つが睡眠の質を高めるためのグリシンサプリです。
  • 最後にメラトニンを生成する元となるL-トリプトファンサプリの服用です。

 

その他には、

 

  • 部屋の遮光カーテンを閉めたり
  • 寝具を一新したり
  • 部屋の波動調整のために針葉樹の内装に変えたり
  • 寝る前にカラヤン指揮のクラシックの名演を聞いたり

 

と色々試しています。

 

どんだけ睡眠障害?

って思うかもしれませんが、寝ることはすごく重要で

人生の質を大きく左右する問題なので、かなり真剣です!

 

実際に横になるだけでもかなり気持ち良いですし

熟睡した翌朝は、元気いっぱいでやる気がみなぎっていますよね!

 

意志の力も自分マックスな感じになると思いますし

この状態がIQが高い状態なので、精神的には無敵状態と言えます!

 

身体的にも完全無欠ボディと言えるのではないでしょうか?

 

そして寝ることを疎かにすると

現状においても、将来においても

多くの望んでいない現実が創出されることになりかねません。

 

  • お子さんの背も高くなりませんし
  • 家族の頭も良くなりませんし
  • 夫婦で若返ることもできませんし
  • 両親の寿命も長くなりませんし

 

そもそもベッドで寝ている時間が無駄になります。

 

毎日ベッドで一定時間過ごすのですから

十分休息をとって、その価値を最大限高めることで

あり得ないほどのベネフィットを享受することができます。

 

それらのトピックについて興味深いことを

順番に執筆していこうと思います。

 

そもそも寝るとはどういうことなんでしょう?

なんで寝る必要があるのかなんてあまり考えないと思いますが

X-Powerでは、この生命維持に不可欠で、心理学的にも

とても重要な寝るということについては、重要な話題になっています。

 

詳細はこちらを確認して下さい!

 

まず発達心理学の師として有名なマズロー氏の

欲求5段階を「寝る事」にはてはめてみますと

 

一番基礎となる生理的欲求に位置します。

 

マズロー欲求五段階

 

この生理的欲求は生命維持するために一番重要な基礎なので

おざなりにすればするほど、物事が成立しなくなってきます。

 

逆にこの生理的欲求の質を高めれば高めるほど

全体(人生そのもの)が底上げ状態になりますので

 

基本的な立ち位置レベルが高い=限りなく理想的な状態(Status:ステータス)

 

ステータスを上げるには、ブランド品で飾るよりも

ここのマインドセットを高めて実現するのが

心の問題を解決するという意味においては一番早いです!

 

ということになります。

 

一般的には、生理的欲求と言いますと

 

  • 寝る
  • 食べる
  • 生殖行為
  • 排泄

 

等ですが、ここを真剣に取り組むことで

簡単にいいますと、幸福感が高まり

「望んでいる現実レベル1」が出現すると言った展開になります。

 

何事も0→1が一番難しいのが一般的ですが

人生も例に漏れず、同様の展開だと思うのです。

 

例として「良い人生」というビルを建てることを想像して欲しいのですが

高いビルであればあるほど、最初の数ヶ月は基礎工事を行うために

地中深く掘ってから、杭を打って、下地をコンクリで堅牢に築かないとなりません。

 

その可能な限りハイクオリティに築いた下地が

長期に渡る耐震、水害、地盤の強化等を行うことになります。

 

これがいわゆるステータスの高いビルの望んでいる現実レベル1として

その上に良い上モノを築いていくことで、盤石なレベル2~5が築かれ

正に人も羨むビルができ、結果的に誰も無視できないレベルになります。

 

sagrada1-10

 

これがいわゆるステータスと考えられます。

 

人の人生で言うと、安定した基盤を持った

安心できる堅牢な健やかな暮らしとも言えますよね?

 

実際問題、僕は長年「望んでいる現実レベル5」である「自己実現」に心を奪われていて、このレベル1を放置したまま上ばっかり見ていたためレベル1が疎かになり、人として満足の行く人生の時間を過ごせていなかったことが、今思うと馬鹿らしくもありとても悔しいです。

※補足として、「望んでいる現実6」である、公の自分と個の自分を最高レベルで融合した「自己超越」という人類最高峰の状態を、マズロー氏は晩年に解き明かしています。

 

ある意味、この望んでいる現実1を圧倒的に高めるだけでも

相当な充実感は感じていますし、十分じゃねぇ?と

思う気持ちもあり、日々少しづつ高める工夫をしています。

 

そうしますと、レベル2~5が底上げされ

気が付くと多くの矛盾ややるせない思いが解消され始め

人生が良い感じに流れるようになっています。

 

結局のところ、長年迷いに迷ったあげく、人生の潮流を左右している

出発点であり帰結点でもある潮の目は、望んでいる現実1にあることが分かり

NARUTO疾風伝的に言うとチャクラの位置になるわけですけど....

そこを研磨することで、コントロールできるということになります。

 

NARUTOの九尾(クラマ)との憎しみや怒り、恐れや不安など

誰でも持っている不安定要素の克服が

九尾の力をコントロールする糧になったように...

 

narutokyubi

 

人生の糧、人間の可能性を決定するポイントも

この部分のコントロール力を身につけることで

容易になってくると考えられます。

 

もちろんマズロー氏はこのフォーカスポイントを解き明かしている

偉大な賢者であり、更には望んでいる現実2~以降の潮の目ですら

解き明かしているので、まだまだ先は長いな~っと感じています。

 

寝ることで怪我や病気も治るの?

実際問題として、怪我や病気に限らず人間は寝ている間に

日常的な身体のダメージを修復しています。

 

意外と知られていないことですが、薬が身体を治しているというよりも

人間の自然治癒力が薬によって活性化されて、治りが早くなる!というのが正確な所で、

薬単体では、身体の細胞一つ一つを遺伝子に照らし合わせて修復する力はありません!

 

そもそも薬は、食事と違って細胞を再構成したり、修復したりする材料*が入っていませんし

修復の元になる遺伝子は個人個人別々なものが必要ですので、病気や怪我を治すには

個々の自然治癒力に頼りっぱなしなのが現実的な体の働きです!

※材料とは、細胞を組成するために必須なアミノ酸、タンパク質、ビタミン、ミネラル等です。

 

ということを前提にしますと

寝ることをなるべく高いレベルで行わないと

ヘタをするとダメージが修復されないといった自体が予想できます。

 

ここがポイントなのですが

脳だけでも一日に30万個の細胞の再生を行っているという試算がありますので

体全体ですと、数100万個~の細胞の修復や再生が必要なのかもしれません。

 

これらのことを考えてみますと適切に寝ないとエライ事になります。

 

補足としては、X-Powerでも取り上げられていますが

寝ること(横になる)で、白血球が体内を移動しやすくなり

白血球走化性を高め、細胞の修復や患部へのアプローチが容易になり

ダメージの修復や細胞の再生を促進する効果もあるそうです。

 

病気や怪我をした時には、取り急ぎ横にならないと

治らないというのも納得できる話です!

 

そして熟睡することは、とても重要な成長ホルモンの分泌が促され

若返り効果はもとより、イキイキとした人生の質そのものを高める

身体的な意味での本質的な手順とも言えます。

 

忘れてはいけないのは、健康状態が精神状態を導きますし

精神状態が健康状態をも高めるという相互作用の働きを持っているのが

人間というとても緻密な自然のいきものというところです。

 

詳細はこちらを確認して下さい!

 

それでは、また(^^)

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト