暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 健康のチカラ » 「お腹がへこむ和食のデトックス!」で長生きモテる方法~アートオブ食文化~

「お腹がへこむ和食のデトックス!」で長生きモテる方法~アートオブ食文化~

おかなが出る理由はすごくいっぱいあるので

一つ一つかいつまんで話していると日が暮れてしまいます。

 

そんな中でも日頃から簡単にできる日本人ならではの

若返りと長生きの秘訣や、それによるいつまでも若々しく

見た目が良い事で多くのベネフィットを得られる方法を

記述していきます。

 

多くの外国人にはあまり馴染みがない方法ですが

それは、和食特有の味噌と昆布だしを毎日食べる習慣だからです。

 

miso

 

味噌は発酵食品で麹菌が多数含まれるというより

麹菌で出来た食品ということがデトックスを促進する鍵になります。

 

konnbu

 

昆布は、海のミネラルを多分に含んだデトックス植物ということで

体内正常化はもとより、長年身体の奥底に溜まっている

恐ろしい科学物質や重金属等のなかなか自己免疫力だけでは

排出できない毒素を外に排出してくれる成分が多分含まれています。

 

細胞修復能力が激高なフコイダインも多く含まれていることで

がん予防にも効果があることにも注目出来ますね!

 

ある意味昔ながらの方法、オールドスクールなものかもしれませんが

効き目が凄いので、現在でも最先端の方法といえます。

 

味が良く、決して高くないのと、どこでも手に入るので

習慣として続けることへの追い風になるのも良いところです。

 

そんな昆布ですが、適量を水に30分以上漬け込んで加熱するだけで

旨味成分がどーっと水に移りますので、かんたんに出汁がとれます。

 

その昆布出汁を煮て、かつおや煮干しの出汁を取れば

本当に美味しい和風だしが出来ます。

 

それにお好みの具材を加えて、最後に生麹味噌を溶かし込んで

味噌汁の完成です。

 

多くの人が(自分も以前はそうだった)化学調味料をつかったり

インスタント出汁を使うようになってから、成人病や現代病の類

見た目には腹が出て、太って、精神的に不安定になってきたと感じませんか?

 

この状態は、明らかに身体に不必要なモノが溜まっている状態です。

何らかの方法で下に流して、排泄しないと大きな病気に発展するのは

明らかだと考えられます。

 

何が自然(自分であるか?)なのかを考えるときに参考になる

考え方のテクニックですが、自分の遺伝子進化の軌跡を考えます。

 

人間は、霊長類ですから猿っぽい祖先から遺伝子を受け継いで

現在に至っていると考えると、チンパンジー等で見受けられることは

 

筋肉質でかなり良い体型で、若干皮下脂肪があるという状態です。

 

これは動きやすく、生き延びるのに適している体型が基礎になっていると

思いますが、人間になっても同様の結論のはずです。

 

その遺伝子の意図する設計に沿った体型が自然界と調和した体型だと

思いますので、それを意識したダイエット(食習慣)が即ち自然だと

定義できますし、ストレスが一番少ない、長生きや若々しさを後押しすると思います。

 

もしその遺伝子の意図しない状態が現れたとしたら

環境的な要因が疑われますので、一度基礎に立ち戻って

日本人の伝統的な食習慣を見直すも良いと思います。

 

補足として、食事の絶対法則(黄金率)を見つけ出しましたのでシェアします。

 

簡単に食べられるもの(ファーストフード)や安価な食物は

冷凍食品である可能性が強いので、食事の目的であるエレメント

 

栄養素や栄養価がごっそりと抜け落ちていたりしますので

身体に詰まりやすく、消化吸収や排泄に適していないため

体全体の循環を阻害することで、色々な所が詰まります。

 

主に大腸が詰まり、それにともなって小腸の働きも鈍り

次に肝臓や腎臓、膵臓や脾臓、血管や心臓と果てしない詰まりが続きます。

 

詰まれば太る

太れば不安になる

やがてその結果に遭遇するようになる

 

といった経緯が何年も続いて寿命がどんどん縮まり

機会喪失も少しづつ顕在化される事が経験上明らかです。

 

但し、実践に基づいて情報を掲載しているこの記事の読者は

素直に実践することで事前にリスクを回避して

更には、痩せる、ビジネスや恋愛の機会が増えることは確実です。

 

念のため長生き腹の状態と足に現れたデトックス効果の証拠写真を貼り付けておきます。

 

hara ashi

※上記の右側は紀州梅や黒酢の効果もありますのでご了承下さい。

 

上記は、下半身に関してのことですが

脳も身体ですから、頭の働きは当然すごく良くなります。

 

更には、キメの整った肌の薄っすらとした輝きは、異性にも好まれますし

生物学上、一緒に時間を過ごしたくなる要素は強くなり

その人本来の美しさがにじみ出てくるようになってきますので

 

偽物食文化はダサすぎると考え直して

本来の賢い日本人の食文化を継承することをお薦めします。

※もちろん海外の食文化の造形を深めることも同様です。

 

アートオブ食文化

 

それではまた(^^)

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト