暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 文書力で稼ぐ » 世の中変化が激しいです!~ウェブ業界と広告の関係性~

世の中変化が激しいです!~ウェブ業界と広告の関係性~

世の中変化が激しいです!

ウェブ制作を始めてウェブ業界にどっぷりと浸かってみて、以前の紙媒体、コマーシャルフィルムや番組制作、DVD等のメディア制作を経て感じるものは、世の中が激しく変化しているなと言うことです。

長年メディアに携わってきているのですが、実際にはメディアに載せるものを制作しているだけで、メディアそのものに直接的に関与していた訳ではないので、昨今の変化はとても激しいと感じます。

ウェブメディアの場合は、メディア掲載料が安価だったり、個人でも広告出せたりするので、上位表示、広告やSNS等と連携してナンボという性質があり、Web制作自体は段々と全体の一部でしかなくなっています。

つまり、その会社が欲していることや、新しい商品を吟味して、アクセス数を増加させ、更には成約を確保していく作りのウェブメディアを構築していく流れが必要で、そのためには、マーケティングのアイディアやターゲッティング、その属性に対するリサーチ及び計測、セールスレター等の出来の良さ等が必須条件になっています。

そして実際に広告を出稿したり、そのコンバージョンに携わるようになると、正に広告代理店と同じ業務をこなさないとなりません。

どういう事かといいますと、プロモーションが絡んでくるわけです。

巨大メディアでのプロモーションは、実際には計測不可能な事柄(テレビコマーシャル、ラジオ、雑誌等)が多く存在していて、意外に曖昧に出来る部分はありますが、ウェブメディアの場合は、アクセス数やキーワード、クリック率や成約率等、ほぼ全て計測することが可能なので、曖昧に済ますことはなかなか難しいのです。

そしてあらゆる可能性を検討しながら、最大限の結果を求めていくプロセスがとても大切になってきます。

しかも少人数で少い予算の中でそれを実行するとなると、とても高いスキルや知識、正に精鋭部隊の活躍しか、良い結果につなげる選択肢がありません。

このような流れが最近のウェブ制作なのですが、もちろん昔ながらの方法でやっているウェブ制作会社も多く存在しているので、この流れは新旧の分岐的なもので、近い将来この分岐によりウェブ制作自体が別の業種として認知、例えば大手は別として、中小企業の場合はすでに常識となっているシステム開発を含むウェブ制作と、広告代理店機能が統合される事になると考えています。

その基礎になるのが、コピーライティングです。

広告やアフィリエイトで結果を出すには、顧客心理を熟知してコピーを書くことは欠かせないスキルです。

言うなれば「言葉の力」です。

知識社会に移行していく世界でより重要なスキルは言葉の力であり、それを自分の能力として活用するには、デザイナーにとってもコピーライティングであり、プログラムも含めコピーライティングスキルを習得していくのが、これからの知識社会で活躍するための必須条件になるのは目に見えています。

それでは、また(^^)

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト