暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 文書力で稼ぐ » ウェブデザインができれば食うには困らない!

ウェブデザインができれば食うには困らない!

楽しいを仕事にすることが上達する秘訣だと思います。

例えば、一人の青年が居て、日々正体不明の不安に押しつぶされそうになりながら、どうしていいか解らなくて、大学との往復をしているなんて言うのであれば、時間がもったいないので、サクッとウェブデザインの勉強を始めると良いと思います。

就活も違和感があるし、かと言ってアルバイトを一生やるのも嫌だなーなんて落ち込んでいるなんて、ほんともったいないし、ウェブデザインは感覚だけで食っていくのとは全く違う世界なのを知っていましたか?

もちろん感覚も大事ですが、その前に論理を理解しないといけません。

文章の構造であったり、マーケティングに関しては電車の中吊り広告は凄く勉強になりますし、有名人やモデルのキャスティング、それを使ったグラフィックなんかもアートというよりはマーケティングなんですね!

電車中吊り広告

  • 人は何が好きか?とか
  • 何色に反応するか?とか
  • コピーはなんて書いてあるか?とか
  • タレントやモデルと商品のイメージの関連性とは?等

楽しいことが見つからない場合には、取り敢えずウェブデザインがオススメです。

ウェブデザインができれば、好きなことが見つかった時に、サクッとウェブを作って人に自慢したり、仲間を集めることが出来るし、ビジネスにすることも出来ますね!

それとウェブデザイナーは、高い賃金を求めすぎなければ、どこに言っても引っ張りだこですよ!

まぁ食うには困らない職種ですね!

職種としては、誰からもお願いされるし、将来性はあるし、覚悟を決めて取り組んで損はないと思います。

巷では、外国の安い賃金で云々と言われていたりもしますが、そもそも外国人では高度な日本語が理解できないため、ハイエンドの仕事には向いていないのかもしれませんネ!

日本で購買に繋がるデザインやレイアウトだって独特ですし、逆説的ですが、地の利というものは、インターネット時代にはもっと輪郭がはっきりしていって、加速していくんだと思います。

注意点としては、現場では日本語がよく分からないウェブデザイナーは必要ないので、日本語が苦手な人は勉強しないといけませんし、儲かっている会社ですと、ウェブマーケティングがわからない人も必要ないので、そこは最低限押さえていかないといけません。

これからのウェブデザイナーは教養があって、論理も理解できてという具合に、一つのこと意外はやらない的な職人系の人は徐々に淘汰されていく流れになっています。

これは間違いのないことなので、まじめに受け取ってほしいな~なんて思っています。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト