暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 文書力で稼ぐ » ウェブデザイナーになるのに、最初にやることとは?

ウェブデザイナーになるのに、最初にやることとは?

ウェブデザイナーってよく分からない人が多いと思いますが、ジャンルで言うとコマーシャルアート(印刷)とグラフィックインターフェイス(GUI)のクリエーターや、ウェブアプリのプログラマーなんかが近い感じです。

もちろんどーしょーもない人もいっぱいいるのですが....www

何する人?みたいな感じの人も多いです^^;

どれも馴染みがない人は、取り敢えずウェブデザイナーに関する雑誌や書籍とか見ると分かるかもしれませんね?

業務内容はホント多様を極めた感じになってきていて、

  • グラフィックデザイン有り
  • 動画あり
  • 音楽あり
  • 文章あり

って感じで、何でも有りなのですが、

ある意味ビジネスマンの基礎とも言えます。

今どきは起業するならウェブ上って相場が決まっているので、自分の店舗であるウェブの事を知らないでどうするんだ?ってレベルになってきています。

例えば、ウェブを作りながら自分の日記を更新していると、ある時美女から連絡が入った。

話を聞いてみると、自分の好きな世界をウェブ上で表現したいらしいので、徐々に詳細を詰めながら撮影したり、素材を集めるようになっていった。

互いに想像力がたくましく、話をしていると色々なイメージが膨らんで、互いに刺激し合える間柄になって行き、気が付くと付き合うようになっていた。

なんてことはザラにあるようですので、面白いかもしれませんよ(^^)

最近では、社長ですら取り敢えずチラシ位はウェブ上に載せられることが、最低限のマナーなのかな?なんて時代になってきていますよ。

そんな時代ですから、ウェブデザイナーになって、アフィリエイトサイトを作りまくったり、知り合いのビジネスを応援してあげたりするのが、理にかなった人生の作り方だと思います。

僕もコツコツとアフィリエイトサイトを作りながら、ビジネスの本質である集客や成約の腕を上げたり、友人のビジネスを応援したり、海外から商品を仕入れたり、外国のお客様ともやりとりしたりしています。

ウェブ繋がりと言いまして、ウェブ上で知り合ったり、ウェブの話で盛り上がったり出来る友達はとても貴重だし、おそらくビジネスでも関わることもあるような、ないような間柄なので、生涯の友になる可能性がとても高いですね(^^)

普通に生きているだけでもネットやウェブの話は避けて通れません。

こんな時代なんだから、元気を出してイメージコミュニケーションなんていいかもしれない!

文章や映像、音楽もあるしね(^^)

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト