暮らしのヘルプデスク、お金から健康まで、成功システム構築実践アドバイス♫ » 文書力で稼ぐ » ウェブサービスの上手な利用法

ウェブサービスの上手な利用法

ウェブサービスの上手な活用法

ウェブサービスは厳密に言うとかなり多岐にわたる業務内容です。
あのグーグルもウェブサービスですし、Facebookやゲームサイト等も同様です。
そう言いますと何でもありなのですが、当社の場合はウェブサイトをプラットフォームとして起ち上げて、ご自身の事業や、副業など、何でも良いのですが、ウェブ上の店舗と考えるとイメージが沸くかもしれません。

結局、後にも先にも店舗となるものがないと、決済や詳細情報の掲示、さらには大事な集客や前提知識の発信などの一番重要な拠点がないと言うことになります。

 

無料ブログとかですと信用されませんし、キャッシュポイントを仕込むと削除されたり、普通のウェブでも多くの機能がないので、結局何も出来ないような感じなります。

 

最新情報としては、多くの大企業は自前でCMS(コンテンツマネージメントシステム)を開発したりして、独自のウェブサイトをビジネスシステムとして稼働させています。

 

それはCMSを使うことで、多くのコンテンツの管理やキャッシュポイント、決済やセキュリティなど、必要に合わせて盛り込むことで、ウェブサイトというより巨大なキャッシュマシーンに変貌させています。

 

このような事がCMSシステムを活用すると可能なのです。

個人で行う場合は、開発しても元が取れないので、ワードプレスを上手に活用して、大企業と同じことを小さなスケールで行うことが最もスマートな方法です。

そんなサービスを当社では提供しています。

 

詳細は多岐に渡るのですが、ウェブ上のビジネスで一番大事な事は集客だといえるでしょう。

 

CMSシステムに、コンテンツ(記事・商品やサービスの記述等)を多く盛り込んで、そのコンテンツを検索エンジンに評価してもらうことで、上位に表示してくれますので、そこからかなり多くのアクセスが流れ込んできます。

 

その他にも、当社の制作するワードプレスサイトは、スマホにも対応していますので、ウェブ広告(スマホ広告)を活用して、安い広告費で多くのアクセスを見込めます。

 

このようなコーディネートをコンテンツ、検索エンジン、スマホ広告と活用することで、多くのアクセスを獲得することが出来ますので、その段階で成約率を高めるサイト作りや、プロモーションを成功させる流れを作っていけば、ビジネスとして良い流れになります。

 

実際に当社のプロデュースさせて頂いているサイトは、最短で3ヶ月程度でアクセスが集まり始め、複利ベースの利益を生み出しています。

 

そのような利益を生み出す元になっているのはアクセスであり、その先にある成約率の向上により、積み上げ式のビジネスを生み出すことが可能になっています。
 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

トラックバックURL: 
著者紹介「システムの本質」
閲覧記事ランキング
カテゴリー
アーカイブ
お問い合わせ&特商法等
関連サイト